子宮怪談~「分かってる人はガン検診なんて受けない」スピ母に責められ続け、子宮論争勃発だキュウ

子宮頸がん検診で「疑いあり」となってしまったあたし。

仕事の都合をつけて再検査に行き、股をおっ広げ、長~いハサミのような物で子宮の壁を4カ所チョキンチョキンと切られたキュウ。
痛いし、圧迫感も気持ち悪いし、冷や汗まみれで我慢していたキュウ。
ふとゴミ箱を覗くと血まみれのティッシュが山盛りに……。

フラフラキュウ~!

でも逃げずに再検査を受けたあたし、偉いキュウ。

再検査に行ったことを母にメールで伝えると、

母Mail「え!? もう行ったの? お父さんと一緒に病院に行くなっていう説明をしたかったから、帰省してこいって言ったのに……」

そうだった……あたしの母親は、スピってる&オーガニックBBAなのキュウ……。

母親はそれ以降、畳み掛けるようにあたしにメールを送りつけてきたキュウ。

母Mail「私の周りの分かってる人たちはガン検診は受けない」

母Mail「ガン検診でガンにもなっていないモノを早期発見して受診&治療すれば医者も儲かる仕組み。医者だって商売」

母Mail「抗がん剤は猛毒。抗がん剤では治らない」

母Mail「あなたは世の中のこと知らないから、近藤誠先生の本とか知らないんでしょ?」

母Mail「ちゃんと自炊して野菜をいっぱい摂って、オーガニックな物を食べてれば90日間で細胞が変わるから、実践後に再検査に行けばいいのに」

…………キュウ。

この母の主張は、あたしのがん検診うんぬんの何年も前から同じ。
仕事が忙しくて自炊できないと抜かすあたしに対して、ずーーーっと

「そんなんでは病気になる」
「医療費がかかるから栄養を充分で添加物がない生活を送れ」
「忙しいのは言い訳だ」

久々に顔を合わせても会う度会う度に同じことを言われ、あたし苛立っていたキュウ~~。

母は自分を律することができて食事制限や欲望を打ち消すことを容易にできる人かもしれないけど、あたしにはできないキュウ。

安い給料の仕事をせっせとこなし、こんな生きづらい現代社会を死ぬまで独りでやっていくつもりキュウ。こんなあたしを癒してくれるのは暴飲暴食のみキュウ~。

それすらも認めてくれない母親。つらいキュウ(泣)

あたしの積もり積もったイライラは、ここへ来てついに爆発しちゃったのキュウ。

母Mail「ちゃんとした食生活を90日以上送ってから再検査に行くべきだ」

しQMail「自分の子宮頸がんがどれくらい進行してるか知りたくてとりあえず再検査を受けただけキュウ。それの何が悪いキュウ? そうやって、いっつも同じ、食生活を改善しろ論に持っていくの止めてくれるキュウ?」

母にはそんなに反抗しないタイプのあたしだったけど、喧嘩腰に返信したキュウ。すると、

母Mail「私の事、その単調な意見だけ主張する馬鹿な奴だと思ってんの? お前はバカか?」

さすがあたしの母親、口悪いキュウ……。

母Mail「今は癌と言えば近藤誠先生の本を読むのが常識です。それすらも知らないのにガン検診受けたんですね? この本を読めば、一切検査には行かないのが一番です、と書いてあります」

近藤誠の本を読みなさい、と、本の表紙を撮った写メが送られてきたキュウ。

まぁ、あたしも医者や医療を絶対的に信じてるわけではないけど……それにしたって妄信は怖いキュウ……。

◎I・NO・RI

あたしを病院に一切近づけたくない母は、メール攻撃を続けるキュウ。

母Mail「絶対にその病院には近づいてはいけません!電話が来ても無視して下さい!」

母Mail「ピルをもらいに行くのも他の病院にしなさい」

母Mail「あなたの健康、将来を思って言ってることです」

病院に検査結果を聞きに行くとういう選択肢すら奪おうとする親子関係ってなんなんだキュウ?
親心の気持ちは分かるキュけど……さ……。

あたしがメールを無視していると怒り口調での留守電攻撃が。

母留守電「あなたのがん検診を受けたという行動が将来ある若者の行動、考えとは信じられない!」

母留守電「あなたの健康への考え方の基本が他力本願です。病院、医者の言う通りにするなんて!」

た、他力本願だキュウ……??
ちょっとこれはひどくないかキュウ…?

しまいには

「医療の最先端は祈りです」

キュキュウ~~!! 出た出た、スピリチュアルBBA~~~。

母が唱えている、健康な食生活をし、免疫力を高め、がんになる可能性を自力で絶て、という考えも納得できないわけじゃないキュウ~。
でもね、何年も言われすぎてあたしもう疲れたキュウ。

母「やりなさい」

あたし「できません」

母「なぜやらないの」

あたし「できませんキュウ……」

この繰り返し、普通疲れるキュウ。

その後も、互いに相容れることのない喧嘩メールを毎日やりとりし、疲れ果てて、あたしは母の「再検査の結果を聞きに行くな」という要求を受け入れてしまったキュウ……。
一応、近藤誠の著書も読んだキュウ。近藤先生の主張も分かるは分かるけど、近藤先生の意見を否定している医療関係者が数多く居るのも事実キュウ……。

あたしは一体何を信じたらいいのキュウ?

しばらくして産婦人科医から一通の封筒が。
中身はもちろん検査結果についてだと悟ったキュウ。
母からは「手紙が来ても開封せずシュレッダーにかけて捨てなさい。もう検査行ったことを無かったことにしなさい!」と言われてたキュウ~。

けど、結果を知りたいという気持ちと、弱冠の母への抵抗の意思もあり、開封したキュウ。

「中等度異形成でした」と結果が書かれてあったキュウ~。

国立がんセンター中央病院の資料いわく、異形成から子宮頸癌へ進行するのは軽度異形成で1~2%、中等度異形成では20%程度、高度異形成40%程度らしいキュウ。
つまり、検査にひっかかったけど、まだがんではなく、がんになる可能性も20%程度。可能性は低いが、なるかもしれない可能性もあるということキュウ。
とりあえず、今すぐに治療を要するわけではないこと、2年以内に正常に戻る確率が高いので様子見でいいということがわかって、ほっとしたキュウ。

◎実家に帰りたくありませんキュウ

安心したのも束の間。
この件を経て、実家と少し距離を置いていたあたしは、その年のお正月に帰省しなかったキュウ。

思えば以前から、帰省したくない気持ちはあったのキュウ~。
アラサーに踏み入れた頃から太り出したあたしに、母は容赦なくダメ出ししてくる人で、帰省して久々に顔を合わせると、

「太った。痩せなさい。年齢よりも老けている。化粧ノリが悪い。おばさん体型だ。食べている物が悪いから太るし、肌も汚い。あなたからハッピーホルモンが減っている。食生活が悪いからだ」

と矢継ぎ早に言われて凹むのキュウ……。
一人暮らしの部屋に戻ってもしばらくは、メールで同じことを言われる日々が続くキュウ……。

全てはあたしのことを思って言ってくれてるらしい。それは頭では分かってるけど、そんな母親にいら立ち、実家への足が遠のくのも当たり前じゃないかキュウ? あたしは心が弱い奴なのかキュウ?

ただ直接対決をしたとして、あたしが「お母さんウルサイ!!」とブチギレようものなら、母はきっと傷つき、被害者になるんだキュウ。だからあたしは本心を言わず「忙しいから帰れない」と帰省をごまかすキュけど、母は必ず

「もう私もお父さんも残りいつまで生きてるか分からないんだから時々帰ってきなさい」

と。

キュキュウ!?(怒)

帰ればダメ出しばかりするくせに、帰らないと同情を買うようなことを言ってきて、あんたはあたしの気持ち考えたこと無いキュか~~!?(怒)

そんな怒りと共に、

「確かにあと何回帰って会えるか分からないし、親孝行も何一つできてないから帰らなきゃキュウ……でもガミガミ言われると思うと嫌な感情しか湧き出てこないし帰省したいとも1ミリも思わないキュウ……こんなあたしって間違ってるキュウ? 自分保身のエゴの塊なのキュウ?」

と自省の念に駆られて悲しくなるキュウ。

ちょっとほっといてほしいキュウ。

ネットでたまたま見かけた文章を読んで、少し気が楽になったことがあったキュウ。

『ブラックジャックによろしく』を描いた佐藤秀峰さんが、インタビュー記事で実家族について「もう会わなくてもいいや~」と話していたのキュウ。

「姉はもう一生会わなくていいやと思ったので、どうでもいいかなって。両親も、父が去年死にそうになったんですよ。そのときに1回お見舞いに行ってちょっと満足したんで、次は葬式でいいかなと」

全世界に拡散されるネット記事のインタビューでこんな事あっさり語れてしまう佐藤先生すごいキュウ……。

儒教でもクリスチャンでも「親を敬い大事にせよ」という教えがあって、あたしも小さい頃からごく当たり前に「親を大事にしないと人でなしだキュウ」と思い込まされていたキュウ。

「親ともう会わなくてもいいかな~」なんて言葉に出して人に言う勇気、出なかったキュウ。

それをいとも簡単にすり抜けてる佐藤先生の言葉を見て、「自分が嫌な思いをしてても我慢して、両親には良くしなければいけない」という価値観を肩の荷からほんの少し降ろせた気がしてホッとしたキュウ。

実家へ帰省せずに年が明け、子宮頸がん騒動も終焉し、ほとぼりが冷めたと思った頃。

第二次子宮論争が勃発したキュウ。

今度はピル服用への攻撃が、始まったんだキュウ……。

以下、つづQ!

■子宮のゆるキャラ(妖精)しQちゃん /アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ Twitterアカウント【@sheQchanz】

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

子宮怪談~「分かってる人はガン検診なんて受けない」スピ母に責められ続け、子宮論争勃発だキュウのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  2. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  3. “クズすぎる男性タレント”暴露
  4. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  5. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  6. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  7. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  8. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  9. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  10. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  11. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  12. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  13. misono、ブログでノロケまくり
  14. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  15. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  16. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  17. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  18. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  19. 【告発】女優は映画監督に抱かれる。当たり前のように行われる乱交飲み会
  20. マンガ『ヅャニーさん』38回

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  4. マンガ『ヅャニーさん』38回
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  5. アンジーは人気者で、ブラピは嫌われていた?