KAT-TUN亀梨、男性ファン増加の背景ーー野球から演劇まで、ストイックな姿勢に迫る

realsound-KAT-TUNth_.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 この夏、KAT-TUNの亀梨和也が大活躍だ。まず注目したいのは、演劇界の重鎮である蜷川幸雄演出の舞台『青い種子は太陽のなかにある』の主演に挑戦すること。寺山修司による幻の音楽劇と呼ばれており、音楽プロデューサーの松任谷正隆が楽曲を全編書き下ろすという意欲作だ。8月10日からの公演に向けて、今まさに絶賛稽古中とのこと。

 亀梨がパーソナリティーをつとめるラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』では、松任谷から「稽古で、もう1回やろうとなると違うアプローチをしてくれる」と、舞台稽古の裏側のエピソードが語られ、楽曲も亀梨の歌声や世界観を加味して作り変えるなど、ひとりの俳優として大きな期待が寄せられていることが十分に伝わってくる。

 そんな同ラジオには、多くのリスナーからメールが寄せられており、とくに最近目立ち始めているのが男性ファンの多さである。亀梨と同世代はもちろんのこと、それ以上の年齢層にも広がりが見られるのだ。その人気の高まりは、大正製薬から発売されたエナジードリンク『RAIZIN(ライジン)』のCMキャラクターに起用されたことにもつながっているように思う。精力的に活躍の場を広げている亀梨が、同性から見ても「カッコいい」と言われる大人の男になった証といえるだろう。

 男性からの支持を集める大きなきっかけとなったのは、亀梨の野球方面での活躍だろう。『Going! Sports&News』にてベースボールスペシャルサポーターとして2010年に就任して以来、亀梨はジャニーズアイドルという顔に加えて、スポーツキャスターという新しいポジションを確立した。

 亀梨自身、小1から野球を始め、小6の夏には日本代表として世界大会を経験。さらに、名門のリトルシニアにも入団したという実力の持ち主。事務所に入所後も、ジャニーズ野球大会でピッチャーとして活躍するなど、芸能界屈指の野球好きとして知られている。だからこそ、野球ファンにとっても納得できるインタビューを展開できるのだ。

 体を張ったリポートも好評だ。1日用具係としてキャンプに密着し、守備練習のサポートやボール磨き、さらに選手のユニフォームのクリーニング出しまで手がけたことも。一方で、見事なホームランを披露したり、現役ピッチャーからの豪速変化球を捕球するなど、今もなお野球の腕は落ちていないことも実証済みである。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー