疑惑の女2015の代表格

錦織圭の新恋人は、Kis-My-Ft2・玉森の元カノ!? 「売名」 「芸能人パーティーの常連」の疑惑

2015midukiako.jpg
観月あこオフィシャルブログより

 一部女性週刊誌の報道で、突然出現した“新恋人”をめぐって、連日マスコミに名前が取り沙汰されているプロテニスプレーヤー・錦織圭。かねてから、本命恋人は、すでに婚約済みの元新体操日本代表選手・坪井保菜美とされてきたが、16日発売の「女性セブン」(小学館)によると、錦織は坪井との婚約を破棄し、現在は観月あこという23歳のモデルと交際中というが……。

 この報道に対して、21日発売の「女性自身」(光文社)は、「(坪井との)交際はまだ続いている」という知人証言を掲載し、反論記事を展開。観月との交際は、錦織が「まだまだ遊びたいという気持ち」の表れであるとして、坪井との婚約関係はいまだ続いていることを示唆した。

「さらにこの展開に波乱をもたらしそうなのが、28日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)。なんと観月は2013年、同誌によって『Kis‐My‐Ft2・玉森裕太の恋人』と報じられたモデル・立花舞だというんです。立花はエイベックス系の事務所に所属していましたが、玉森との交際報道後に契約を解除し、現在は芸名を『観月あこ』として、無名の事務所預かりになっている。玉森は報道後、ジャニーズ事務所から別れるよう強要されたそうで、2人はすぐに破局してしまったみたいですが」(週刊誌記者)

 各女性誌によって言い分の異なる錦織の新恋人報道だが、今回の主役である観月と面識があるという某芸能プロ関係者は、一連の報道について“売名説”を提唱する。

「彼女は昔から、芸能人やお金持ちの集うパーティーの常連で、とにかく有名人や権力者の懐に入っていくのが得意だったんです。玉森のときも思いましたが、観月は、恋愛が芸能人にとって“武器”になることを心得ていた。今回の錦織に関しても、愛情はあるのかもしれませんが、“売名”という意識も少なからず持っているはずです。もともと観月は、積極的にバラエティに出演していたという過去もあるだけに、今後はバナナマン・日村勇紀との交際で露出を増やす神田愛花や、バイきんぐ・小峠英二にメディアでラブコールを送り続けた坂口杏里のように、錦織との関係を“持ちネタ”にしてメディアに登場するかもしれません」

 突如飛び出した、テニス界のプリンスによる異性スキャンダルだが、芸能界にありがちな“売名ビジネス”の可能性も浮上してきた。婚約者・坪井との行く末や、観月の動向など、今後も要注目となりそうだ。

金持ちと結婚する会預かりのモデルかしら?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!