7月期もフジから目が離せない

フジ『リスクの神様』、初回7.0%の大爆死! 日テレ『花咲舞』は14.7%で“水10対決”敗北

2015riskofgod.jpg
『リスクの神様』(フジテレビ系)公式サイトより

 堤真一主演の連続ドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系)が8日にスタートし、初回平均視聴率が7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。放送前から視聴率が危険視されていた同ドラマだが(既報)、これまでのフジ“水10”枠でもかなり低調の幕開けとなった。

『リスクの神様』は堤が16年ぶりに主演を務める話題作で、“危機管理専門家”がテーマの社会派ドラマ。ヒロインは戸田恵梨香、またV6・森田剛や満島真之介、古田新太ら実力派の脇役陣も注目されていた。放送開始前にはキャスト陣が、『VS嵐』をはじめ各バラエティや情報番組に出演するなど、番宣にも力が入っていた。

「ところが、フタを開けてみれば7.0%という大爆死ぶり。4月クールの同枠では、阿部サダヲ、山口智子出演の『心がポキッとね』が放送され、初回から10.4%で『期待はずれ』と言われていましたが、それをも下回るスタートです。また裏の日本テレビでは、杏主演の『花咲舞が黙ってない』の第2期が初回から14.7%という好視聴率を獲得。昨今、フジと日テレの“水10対決”は毎回注目されていますが、ダブルスコアをつけられて、フジの惨敗となりました」(芸能ライター)

 これまでも、『残念な夫。』VS『◯◯妻』、『ファーストクラス』VS『きょうは会社休みます。』、『SMOKING GUN~決定的証拠~』VS『花咲舞が黙ってない』など、水10対決にことごとく敗北してきたフジ。ネット上でも『リスクの神様』の低視聴率は想定の範囲だったようで、「このキャストでこの数字は宝の持ち腐れだね」「初回6.6%だったEXILE・AKIRA主演の『HEAT』(フジテレビ系)と大して変わらない数字」「そもそもフジのドラマに出ることがリスク高すぎる」と、辛辣な声が多数書き込まれている。

「内容の評価は決して悪くなく、『面白かったけど時間帯が……』『良作なのに、わざわざこの枠にぶつけなくても』『水曜歌謡祭の流れで視聴率が低いのではないか』と、不調続きの水10枠で放送することについての批判も散見されます」(同)

 視聴者からの評価は上々のようだが、今後数字が追いつくことはあるのだろうか? 今年最高値の視聴率でスタートを切った『デスノート』(日本テレビ系)、北川景子主演『探偵の探偵』(フジテレビ系)など話題作も多い中、『リスクの神様』がどこまで健闘できるのか、引き続き注目していきたい。

危機管理専門家ならおそらく真っ先に避ける枠!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク