その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「NEWSとテゴマスをどう分けるか」「手越との出会いに感謝」、増田貴久が本音を赤裸々告白

jmasuda06.jpg
苦労売りをしないまっすーだから、発言がシビア

【ジャニーズ研究会より】

 ジャニーズアイドルが本音を語る「Myojo」(集英社)のロングインタビュー「STAND BY ME~いつもそばにいてくれたね~」。2015年8月号にはNEWS増田貴久が登場し、山下智久&錦戸亮がグループから去ったときの心境や、波瀾万丈なグループ活動の“支え”となった相棒・手越祐也への想いを明かしています。

 NEWSは2003年に9人編成でデビューするも、森内貴寛、内博貴、草野博紀が続々と脱退。06年12月には小山慶一郎、錦戸、山下、加藤シゲアキ、増田、手越の6人になってしまいました。その一方、ジャニーズJr.時代から2人で歌う機会を与えられていた手越と増田は、06年にスウェーデンで「Tegomass」としてシングル「Miso Soup」を発売し、欧州先行デビュー。グループとテゴマスの活動が並行する中、11年10月に錦戸&山下がNEWSからの脱退を発表し、ファンが大きな衝撃に包まれました。

 増田は同誌で当時を振り返り、「6人時代なら、ふたつの違いは明確に打ち出せた。でも、4人中ふたりの別ユニットって……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク