【うわさの会見場から 特別編】

「写真と実物が全然違う!」芸能記者に聞いた、生で見て驚いた女性タレントとは?

2014kakeimiwako.jpg
『ヴィーナス誕生』(幻冬舎)

 10~20代女性を中心にブームとなっている“自撮り”。スマホ用のアプリによって、誰でも手軽に写真加工できるようになったが、その技術の発展から、生で見る実際のタレントの姿が、写真とまったく違うという事態も報告されるように。会見場では、報道陣から「写真と実物が全然違う!」と驚きの声が漏れることも少なくないようだ。今回は、日々数々の会見を取材する芸能記者に、「生で見て驚いたタレント」を挙げてもらった。

 その代表格に挙げられるのが、“ものまねメイクファンタジスタ”の肩書で活動する、ざわちんだ。彼女に対しては、「ブログやインスタグラムに掲載する自撮り写真と、テレビ番組にマスクなしで出演したときの顔がまったく違う」など、芸能記者のみならず、ネットユーザーからも疑問の声が上がっている。実際にマスクなしのざわちんを取材した記者も、「ネット上の写真は、鼻からあごにかけての長さを実物の半分ほどに縮める修整がされているようです。実物とは別人のレベル」と明かす。

「囲み会見前、報道陣が『写真と実物が違うと言われてること、本人にぶつけてみても大丈夫かな?』『写真の加工の仕方、聞いてもいいと思う?』と話し合っていたこともあります。結局、誰も触れられませんでしたが……」(ワイドショースタッフ)

 次に名前が挙がったのは、最近バラエティー番組などに進出してきたアメリカ出身のダコタ・ローズ。青い目に金髪、人形のような小顔と抜群のスタイルから「リアル・バービー人形」と呼ばれるダコタだが、「自撮りの写真修整が得意という意味で、“ネクストざわちん”の呼び声が高い」(スポーツ紙記者)とか。

「ある会見では、ダコタが本人だと気がつかない記者もいたほど。ネットに上がっている写真では棒のように細い手足、板野友美のようなシュッとしたあご、9頭身はありそうな小顔が印象的なのですが、実際は、どれも持ち合わせていませんでした。記者たちが『顔が違う』『なんか縮尺が違う』と、ざわざわしていました」(同)

 写真こそが勝負のグラビアアイドル界からは、筧美和子の名前が挙がった。リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)への出演後、癒やし系の雰囲気と抜群のスタイルで人気グラドルに転身。写真家・篠山紀信が撮影した写真集も話題になった。

「筧の場合は、ブログに掲載する自撮りはそれほど加工されていないように思うのですが、実際に会うと、週刊誌などのグラビア写真とはイメージが異なります。二の腕や脚は、写真よりぽっちゃり気味。とあるイベントで、きゃしゃな橋本環奈と並んだときは、報道陣から『並べてあげないで』と同情の声も上がっていました。口が曲がり気味といわれる彼女ですが、写真では少し修整されているように感じますし、『あれ? なんかイメージと違う……』と言っている記者も多いです」(芸能ライター)

 程度の差はあれど、夢を売るタレントとして写真を修整するのは当然かもしれないが、 “やりすぎ”は禁物かもしれない。

平子理沙さんは殿堂入りだそうです

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク