各方面から苦言噴出!

森三中・大島美幸の「出産シーン放送」、「お花畑すぎ」「鈴木おさむはおかしい」と炎上中

150630suzuk.jpg
鈴木おさむ公式ブログより

 6月22日に第一子となる長男を出産した森三中・大島美幸の“出産シーン”が、7月5日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で放送されることが明らかになった。夫で構成作家の鈴木おさむが29日付のブログで「来週の放送で、大島親方(僕の妻ですけどね)の出産物語をやるようです」と報告したが、ネット上では批判的な声が相次いでいる。

 大島は2002年に“交際0日”で鈴木と結婚。昨年5月から妊活に専念するため芸能活動を休業しており、今年2月にはそれまでレギュラー出演していた『イッテQ』で妊娠6カ月であることを発表。過去に大島は自然妊娠で二度の流産を経験しており、人工授精によってようやく妊娠に成功。出産予定日から約10日過ぎての出産となった。

「そんな中、夫の鈴木は『イッテQ』で、出産の模様がオンエアーされることを報告。『自分は芸人であり、リアクション芸人』という自負がある大島は、妊活に入った時から“相棒”であるCCDカメラ付きのヘルメットカメラをかぶって『子どもを産む瞬間の顔を撮影したい』と希望していたことを明かしました。陣痛が起きてから出産するまでを撮影しているといい、『子どもが大きくなった時に、それを見せたい!!』と、強いこだわりの上で撮影されたようです」(芸能ライター)

 さらに鈴木は「正直、そのヘルメットカメラがあったことによって妻はかなり出産に集中出来たし、安産であった理由の一つもそこだと思っています」とつづり、出産の素敵さや芸人・母親のスゴさを映像から感じてほしいとアピールしている。

 しかし、ネット上では「出産は見せ物じゃない」「これを“芸人魂”っていうのは何か違う気がする」「大島は好きだけど、旦那の影響かおかしな方向に走ってる」などと、ドン引きの声が多数あがっている。

「妊娠を発表した際にも、『出産をネタにして本を出したりドラマをやりそう』という声が上がっていただけに、『やると思った』といった納得の反応が目立ちます。鈴木は14年3月、背中に“美幸”のタトゥーを入れていると公表して物議を醸し、長男の名前を笑福(えふ)と名付けたことを発表したときも『キラキラネーム』と揶揄されるなど、批判を受けることも少なくない。今回も、『あの旦那はなんか嫌いだわ』『大島までおかしくなった』と、鈴木への嫌悪感を示す声が上がっています」(同)

 また、不妊で悩んでいる女性に対する「配慮がない」と感じる人も多いようで、「不妊で悩んでたのにお花畑すぎ」「出産した途端にお二人の幸せアピールがすごくて、見ているとしんどくなる」という声も殺到している。さらには、『イッテQ』で放送することについても、「ほかの番組でやれ」「イッテQは好きだからやめてほしい」などと番組の魅力を損ないかねないと心配する声が上がり、もはや各方面からの苦言が殺到している状態だ。

 鈴木自身もどのように編集されているのか「ドキドキ」しているそうだが、果たして当日はどんな映像がオンエアーされるのだろうか?

映像見たベッキーが安く感動するところまで込みで

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク