その他
【ジャニーズ研究会レポート】

髪の毛と会話? 高次元ダンスからは想像できない、堂本光一のお茶目な私生活

jdoumotokouichi03.JPG
F1情報のために英語覚えた疑惑も……

【ジャニーズ研究会より】

 ソロとしては実に6年ぶりとなるシングル「INTERACTIONAL/SHOW ME UR MONSTER」を、初のDVD&Blu-rayシングルという形態で6月10日にリリースしたKinKi Kidsの堂本光一。「オリスタ」6月22日号(オリコン・エンタテインメント)ではこの新曲を携えて出演した、ジャニーズの後輩KAT-TUNがMCを務める『ザ少年倶楽部 -プレミアム-』(6月17日放送、BSプレミアム)の収録に密着し、ソロアーティストとしての光一の魅力に迫っています。

 「INTERACTIONAL」はファルセットやフェイクを多用するなど、かなり難易度が高い楽曲。さらにダンスでは、2人の女性ダンサーを従えているものの、きっちり動きを合わせるような“振り付け”というよりも、自由さのある“舞い”に近く、流れるような華麗な身のこなしで光一の表現力が際立っています。

 この曲は6月12日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも披露されたのですが、この日は光一と同じくマイケル・ジャクソンを敬愛し世界的に活躍するダンサー、ケント・モリとコラボし、マイケルへのトリビュートステージも。堂々たるそのパフォーマンスに……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク