むしろなぜ離婚しないの?

平子理沙、夫・吉田栄作に不倫報道! ノロケトークも偽造発覚、「平子はさらなる窮地へ」

2015hirakori.jpg
栄作よりボトックスの方が信頼できるよね

 吉田栄作と平子理沙夫妻に、ただならぬ“不協和音”が報じられた。平子の言動や容姿の変化ばかりがネット上で話題になって久しいが、11日発売の「女性セブン」(小学館)では、吉田と年下モデルの深夜デートが伝えられている。かねてから仮面夫婦説もささやかれる2人だが、果たして平子の心境は?

 記事によると、吉田はかつて山下智久との交際で話題になったモデル・加賀美セイラと深夜デートをしていたという。2007年の加賀美のブログには吉田が登場していることから、両者の付き合いは長年に渡っているようだが、目撃された様子は単なる友達付き合いとは言い難い内容だ。

「先月深夜、2人は都内のバーを訪れ、酔いが回ってきたのか体を密着させていたそうです。また加賀美は吉田にキスをせがむようなポーズをしていたとか。吉田もまんざらでもない様子で、誌面には互いに顔を寄せ合っているショットも掲載されています」(芸能ライター)

 結婚当初から平子と吉田は、夫婦生活の実態が見えてこない“仮面夫婦”といわれていた。入籍直後、吉田は役者修行として単身渡米したものの翌年には帰国。その後は、平子と別の男性との不倫疑惑がたびたび報じられており、現在はほぼ別居状態といわれている。

「平子は今年2月に出演したイベントで、自身の手料理について『(吉田が)褒めてくれる』とノロけていたと報じられていますが、実際には吉田に関する質問には『どうでしょう』『忘れちゃいました』など曖昧な回答に終始していました。現場を訪れた記者の間では『手料理を振舞っているのも本当かどうか』と言われていたそうです」(スポーツ紙記者)

 そして4月のイベントでは、「なんと吉田に関する質問はNGとお達しがあったんです。取材陣は『ほかに聞くことがない』と困り果てていたものですが、『ますます仮面夫婦説が加速した』とささやき合っていましたね」(同)という。

 新婚当初は、トレンディ俳優だった吉田の方が平子よりタレントとして“格上”だったものの、平子は近年“美魔女”として人気が爆発し、ファッション誌から引っ張りだこに。しかし、ネット上では、「雑誌とテレビで外見が違いすぎる」といった“整形疑惑”が噴出する事態となっている。

「ほかにも平子は、『いいコメントが業者に削除されてる』という被害妄想のようなことをブログも書き込み、ネットユーザーから総スカンを食らっていました。今回の吉田の不倫疑惑で、平子はさらなる窮地に追いやられそうです」(ワイドショー関係者)

 ネット上では不穏なウワサばかりがささやかれている平子は、今回の報道にどんな対応をするのだろうか?

山Pから栄作ってセイラの胃袋どうなってんのよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー