【うわさの会見場から】

関ジャニ∞・村上信五とうわさの平愛梨、関西弁&紫のワンピースに報道陣ザワめき

airitairaaa.jpg
平愛梨オフィシャルブログより

 5月28日発売の「女性セブン」(小学館)で、関ジャニ∞の村上信五との高野山デートが報じられた女優の平愛梨が2日、主演映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』(20日公開、落合正幸監督)の完成披露舞台挨拶に出席した。報道後初めての公の場とあって、平の発言に注目が集まったが、発言内容は通り一遍の映画に関するトークのみ。報道陣による声掛けも行われなかったという。

「『女性セブン』の報道は、“5月21日まで行われた高野山開山1200年の記念行事に2人が揃って来場していた”という目撃情報を元にした記事で、確証となる2ショット写真はありませんでした。さらに、同じ号で片岡愛之助と藤原紀香の熱愛も報じられていたため、平と村上の記事は、その陰に隠れてほとんど注目されなかった。舞台挨拶でも、村上はジャニーズ事務所、平はライジングプロという“やっかいな事務所”の組み合わせだけあって、声掛けする記者もいなかったようです。真相が気になる双方のファンとしては、報道陣に対して『もっとちゃんと仕事してよ!』という気持ちでしょうね」(ジャニーズに詳しい芸能ライター)

 平は「幽霊役の方があまりにも怖すぎて、過呼吸になって撮影も中断されてしまった」など、撮影エピソードを披露。その中では、次のような場面も……。

「極度の怖がりの平は、今作の主演に選ばれたことを知った周囲の反応を聞かれ、『私のことを知っている人は、大丈夫なんか!? って心配していました。兄は撮影が終わった後も、お前大丈夫やったんか? と言ってました』と話したんです。平は普段標準語を話すのであまり知られていませんが、実は兵庫県出身。それを知らない記者らは、『大阪出身の村上からうつったのか?』と話していたとか。さらに、この日の平のワンピースが、村上の関ジャニ∞内でのメンバーカラーである紫色だったため、『無言のアピールか』という声も聞こえたそうです」(同)

 ワンピースの色は考えすぎだろうが、このままでは両者の熱愛は、報道自体が“なかったこと”になってしまいそうだ。

村上を愛するがあまり、マスコミの深読みモードが全開!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー