ナンノ劇場開幕

南野陽子、『徹子の部屋』で夫への愛をアピールも……放送翌日に“愛人妊娠”スクープ

2014minamino.jpg
あの徹子も絶句しちゃう!

 南野陽子が3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、かねてから黒いうわさがささやかれる年下夫・A氏との仲むつまじい結婚生活について語った。たびたび週刊誌を賑わせているA氏の“詐欺疑惑”だが、南野はテレビを通じて夫の擁護を展開。しかしこの翌日発売の週刊誌では、A氏の愛人の存在や、その愛人を妊娠させていたことまで報じられる事態となった。

 4歳年下の会社経営者・A氏と南野が結婚したのは、2011年の3月。結婚指輪は1,000万円以上と報じられ、“セレブ婚”といわれていた。ところが、A氏は知人との間に5億円近い金銭トラブルを抱えていると伝えられ、さらには一部週刊誌で“詐欺疑惑”が報じられてしまった。

 そんな中で出演した『徹子の部屋』。南野はA氏について「食(の好み)が合う」「楽しんでくれてる」「すごく楽」など、関係が良好であることがうかがえる発言を連発。南野の母親が入院した際、東京での仕事が忙しい妻に代わってA氏が病院に足を運んでくれたことを明かして、母親との最後の会話が「あっちゃん(A氏)にありがとうって言ってね」だったことを告白。“夫に支えられている”エピソードを披露した。

 ところが、放送翌日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、A氏の愛人の存在が報道されることに。記事によれば、A氏と愛人関係にあったのは銀座の高級クラブの美人ママで、南野には「出張」と嘘をついて2人で旅行に出掛けたこともあったという。さらにA氏は「南野とはもうすぐ離婚する」と言って子作りを希望し、現在ママは妊娠中というが、店のツケが500万円を超えるなどA氏の金銭面に不安を感じ、シングルマザーになる決意したとのこと。

 同誌の取材に対して、ママは言葉を濁し、A氏は「クラブには何回か行っただけ」「妊娠なんて、そんなこと知らねえよ!」と逆ギレしていたという。南野は、「信じられない」としながらも、「私は結婚してよかったと思っていますし、“お願いだからもう私たちを苦しめないで”という気持ちだけです」と同誌で発言している。

「たくさんの問題を抱えるA氏だけに、南野の親しい関係者も、もはや早期離婚を望んでいる状態です。しかし南野は、週刊誌の直撃だけでなく、テレビ番組でも夫との美談を語る“妄信”ぶりなので、周囲の希望がかなうのは、もう少し先のこととなってしまいそうですが」(テレビ局関係者)

 「新潮」の取材に対して南野は、1,000万円といわれた結婚指輪でさえも、実のところ自らのカードで買ったことを明かしている。「金の切れ目が」となることはなさそうな2人だが、まずは一刻も早く“愛人騒動”の真相が解明されることを祈りたい。
(須田恭也)

不安だからアピールしたがるんじゃないの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク