そういえば歌ってた!!

柴咲コウ、「ミニライブ開催地」募集に「なぜいまさら」? 最新シングルオリコン36位の凋落

sibasakikou2015.jpg
『こううたう』/ビクターエンタテインメント

 女優で歌手の柴咲コウに、歌いに来てほしいという場所を募集し、全国各地でミニライブを行う企画「どこいこう? ここいこう」が15日に発表され、同日から募集が開始された。

 同企画は、柴咲が「あなたのところに“うた”を届けに行きます」というコンセプトで、6月17日に発売される柴咲のカバーアルバム『こううたう』のリリースに合わせて実施されるものだが、マスコミ業界で「人気女優となった柴咲に、いまさらなぜ事務所はここまでさせるのか」という疑問の声が相次いでいるという。

 柴咲は2002年にシングル「Trust my feelings」でデビュー。歌手として名を知らしめることになったのは、03年に「RUI」の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌「月のしずく」が100万枚を超えたことがきっかけで、04年放送のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)の主題歌「かたち あるもの」も売り上げ60万枚を記録するなど好調ぶりが続いた。

「作品のほとんどは柴咲自身が作詞するなど、本人も歌手活動には前向きなようで、その後も『Sweet Mom』(オリコン最高週間3位)『影』(オリコン最高週間2位)『invitation』(オリコン最高週間9位)といったヒット曲を世に送り出しましたが、11年に音楽プロデューサー・DECO*27とTeddyLoidと共に組んだ音楽ユニット・galaxias!として同名のアルバムを発売した頃から人気が低迷してしまったように感じます」(芸能ライター)

 『galaxias!』は、オリコン最高位が31位と低迷。「同年に発売された柴咲名義のアルバム『CIRCLE CYCLE』は、最高3位を記録しているだけに、galaxias!がファンに響かなかったということでしょう」(同)という。

「もともと柴咲はロック・トランス系やテクノが好きだと公言しているので、galaxias!は彼女がやりたかった音楽にかなり近いものだったと思います。しかし柴咲の曲で売れるのは決まってバラードなので、本人も売り上げには歯がゆい気持ちだったと思います。今回の『どこいこう? ここいこう』企画については、所属事務所・スターダストの思惑を感じますね。同社のアーティスト部門で売れた女性のソロボーカリストは、柴咲とYUIくらいしかいないので、YUIが妊娠した今、柴咲をアーティストとして再びゴリ押ししようとしているのかもしれません。ただ今回のニューアルバムは、それなりに売り上げを見込めるカバーアルバムということで、今後も柴咲にgalaxias!のときのような冒険はさせないようですね」(芸能プロ関係者)

 昨年ビクターへの移籍第1弾シングルとして発売した「蒼い星」は最高順位36位と散々なスタートとなってしまった柴咲。果たして『こううたう』の売り上げはいかに?

世界放浪のヒデに影響された企画なんじゃ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム