その他
【ジャニーズ研究会レポート】

年相応でカッコいい! 『アイムホーム』でSMAP木村拓哉がパパ役として好評価

jkimura08.jpg
アイドルやりながらパパ役演じるなんて、偉業にしか思えない

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

■『アイムホーム』(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時~)初回視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

 SMAP木村拓哉が、テレビ朝日系の連続ドラマに初主演したことで話題の連続ドラマ『アイムホーム』が、4月16日にスタートしました。原作は石坂啓の漫画『アイ’ム ホーム』(小学館)。単身赴任先の爆発事故で5年間の記憶が曖昧になってしまった証券会社社員・家路久(木村拓哉)が、手元に残った10本の鍵をもとに失われた過去の自分を探し、「家族とはなにか」を描きだす、謎解き要素を盛り込んだ異色のホームドラマとなっています。

 第1話で久が鍵を開けて入ったところは、5年前に離婚した前妻の香(水野美紀)と中学生の娘・すばる(山口まゆ)が住む家。もうそこは自分の帰る場所ではないと知り、鍵を返して本来の家に帰ります。しかし、今の家に住む妻(上戸彩)と息子(高橋來)の姿は、なぜか仮面を付けているように見えてしまい、表情が一切わかりません。自分は本当にこの妻と子を愛しているのか疑問を感じる久。

 そんなある日、過去の自分を知る取引相手の不動産会社専務・竹田(香川照之)と偶然出会います。竹田によって……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク