スタートとともに終了!?

『スッキリ!!』MC・上重聡アナ、億ション供与謝罪も「枕営業したとしか思えない」と疑問の声

2015kamishigeana.jpg
『スッキリ!!』(日本テレビ系)公式サイトより

 一部週刊誌にスポンサーから便宜供与を受けていると報じられた、日本テレビアナウンサー・上重聡が、3日放送のレギュラー『スッキリ!!』生放送の冒頭で、約40秒間の謝罪を行った。「今回、視聴者の皆さんをはじめ、多くの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ありませんでした」として深く頭を下げた上重アナだったが、その後はすぐにコメンテーターの紹介へと移り、この一件についてそれ以上の言及はなかった。そのため、ネット上では「スッキリしなさすぎだろ」と批判が飛び交っている。

 1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、上重アナが自宅マンション購入の際、番組スポンサーのABCマート創業者である三木正浩氏元会長から、無利息で融資を受けていたとスクープ。しかし同誌発売日である1日放送では、この件を完全スルーし、同日夜になって「個人的なご厚意の申し出に甘えたことによって、疑念をいだかれるような結果を招いたことは、私の不徳の致すところで深く反省しております」という上重アナの謝罪FAXが同局より配布された。

 そして1日遅れの謝罪に、ネット上では「初日はスルー、翌日にとりあえず謝罪で許されると思ってるのか?」「ご好意で億ションとかあり得ないだろ」と批判が集中。さらに、スポンサーからの高額すぎる融資についても「怪しすぎる関係」「会長に枕営業していたとしか思えない」などと風評も飛び交う事態となってしまった。

 なお、上重アナは今後も『スッキリ!!』レギュラーを続投することとなりそうだが、「かつて横領疑惑が『週刊文春』に報じられた馬場典子アナも、徐々にレギュラーを降板していき、最終的に同局を退社することとなりました。上重に関しても、様子を見ながら今後降板という措置が取られてもおかしくありませんね」(芸能ライター)という。

 レギュラースタートとほぼ同時にスキャンダルを報じられるという、山本モナ以来の失態に見舞われてしまった上重アナ。もはやどう動いても視聴者を“スッキリ”させることは難しそうだが、今後の成り行きに注目が集まる。

日テレのキナ臭いアナを嗅ぎつける能力はピカイチ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー