サイゾーウーマン勝手に調査団

テレビ業界内で評判を落とす、“期限切れ”芸人を暴露! 「瞬発力なくなった」「置物化」

mozaiku-geinin.jpg
期待の分だけ失望も大きいってことで

 昨年大人気だった日本エレキテル連合の2人は露出を減らし、8.6秒バズーカーやクマムシの人気もひとまず落ち着いた昨今。芸人の“一発屋化”には厳しいお笑い界だが、息の長いベテランお笑い芸人の中にも、業界内では「最近勢いが止まった」と言われて久しい面々がいるという。そんな「隠れ“期限切れ”芸人」を、業界関係者が暴露した。

 まずは在京のキャスティングプロデューサーから。

「M-1チャンピオンにも輝いたお笑いコンビBは一時期の勢いがなくなりましたね」

 Bといえば昼間のバラエティ番組の曜日MCに就任、さらには先日放送されたレギュラー担当番組のスペシャルは14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、いまだに人気は衰えていない気もするが……。

「彼らはやはり、2番手、3番手で力を発揮するタイプ。でも事務所の方針なのか、自分たちが司会を務める番組しか出演しなくなってしまった。そのために誰か芸人をキャスティングしようというときも、『彼らはもういいか』と、二の足を踏むことが多くなったのは事実。さらに地デジ化は、ビジュアル面で見劣りのする彼らの露出度に微妙に影を落としている気がします」(同)

 これらの指摘はボケのYからすれば、「俺らを使わないテレビマン、どうかしてるぜ!」と言いたくなる話であろう。続いて、芸歴14年を数えるコンビKを挙げたのは制作会社のディレクター。

「Kは、ゆるやかに露出が減っています。ボケのUは、独身時代ならいざしらず、2歳下の女性との結婚後に“熟女好きキャラ”を押し出されてもあまり笑えない。また相方のAはその場の状況を笑いに変える的確なフォローが評価されていましたが、それが最近的外れなときがある。瞬発力がなくなっただけなのか、仕事へのモチベーションが落ちたのかはわかりませんが」

 株や不動産投資、外貨預金などの財テク術で稼いでいると言われているA。もう単価が安いバラエティに出なくても安泰なのかもしれない。最後は、誰もが知るカリスマ芸人だ。

「DのMです。彼の発言は毎回ネットニュースを騒がせていますが、誰もがあこがれ、多くのフォロワーを生んできた才気あふれるお笑い芸人の現在地、もしかしたら最終地点かもしれませんが、それが単なる『ご意見番』だったとは。新境地を開いたといえばそうかもしれませんけど、知らない話題になると『置き物』と化しています」(業界関係者)

 ほか、Sの名前も挙がった。理由としては、「深夜のコント番組は、かつての自分を、頑張って演じているように見えてまったく笑えない」(某番組AD)、「期首期末に放送している人気スペシャル番組は、旬のタレントが出て視聴率が持っているだけ」(某番組デスク)との声も挙がった。

 あの“お笑い怪獣”明石家さんまでさえ、「年を取るとコンマ何秒の世界で反射神経が遅れる」「言葉のチョイスが、40代は後日(自分の出演した番組を)見ても同じやったけど、50代は『こう言うときゃよかった』がちょっと増えてきている」と語っている。

 キャリアを重ねれば味も出る一方、「老害」も浮き彫りになってくるが「引き際」を見極めるのは、笑いをとること以上に、非常に難しいのかもしれない。

やっぱり信頼できるのはダチョウ倶楽部とコロッケってことよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク