その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「あれは切なかった」、嵐・二宮和也に映画出演をためらわせたトラウマ

jninomiya11.jpg
俳優組は「ジャニタレ」の看板に悩むのよ~

【ジャニーズ研究会より】

 今年6月12日、嵐・二宮和也の映画初単独主演作『青の炎』(2003)のBlu-ray Discが発売されることが決定。 12年越しのBlu-ray発売にあたり、二宮がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、3月22日放送)で意外なエピソードを語りました。

 同作で二宮は、母や妹を守るために義父を殺害してしまう17歳の高校生を好演。難しい役どころでしたが、家族の平和を願いながらも犯罪に手を染めることに葛藤する繊細な演技が評価を受けました。

 ラジオで、リスナーからの質問によってBlu-rayの発売を知らされた二宮が「えー!」と驚きのリアクション。「今だから言える撮影のエピソードや、役で悩んだことはありますか?」という質問に対し、「そうそう、あやや(松浦亜弥)とやったやつね。あれは……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク