その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“人類のキセキ”よりも!? 山下智久が「ヤバかった」と戸惑ったうちわとは?

jyamashita09.jpg
山下さんとキスといえば、この気の狂ったような演出でしょう!

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 コンサートにおけるジャニーズファンの必需品といえば、手作りのうちわ。応援するアイドルに自分の存在をアピールできるとあって、その一字一句にアイデアと思いを込めながら手作りする人も多いはず。ファンの思いを汲み取ってくれるアイドルも多く、SMAP木村拓哉は過去に自身のラジオ番組で「リアクションはできなくてもガッカリしないで。たいていのメッセージは読んでるから」「4時間弱のステージで1,000とか2,000以上はざらに読んでると思うよ」とファンサービスをもらえないファンをフォローしたり、Sexy Zone中島健人は「今夜は気が済むまで抱いて」といううちわを、「ファンは大胆でいいと思う。その意見に応えようと思うことで、自分ももっと大胆に表現できるから」と前向きに捉えていたり、うちわを通したコミュニケーションを楽しんでいるようです。

 そんな中、山下智久が「Myojo」2015年4月号(集英社)で、ファンに掲げられて戸惑ったうちわを明かしています。

 今号では、「大人のKISS物語」と題して、キスや唇をテーマにトークを展開している山下。途中、「ライブでの投げチューはバンバンする」と発言したことから……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク