[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズ、「TBS乗っ取り」裏事情! TOKIO・国分続投の“無法地帯”に社員も悲鳴

kokubuntaichi04.jpg
「男子ごはん」くらいがちょうどよかったんじゃ……

 今年4月より、関ジャニ∞・丸山隆平が初のメイン司会を務める情報生番組が、TBS系でスタートすることが報じられた。昨年はTOKIO・国分太一が同局で『いっぷく!』をスタートさせたばかりだが、このTBSへの“ジャニーズ侵食”現象の裏側とは――。

 同時間帯にV6・井ノ原快彦が司会の『あさイチ』(NHK)が放送されている中で、異例のスタートを切った『いっぷく!』。ところが期待とは裏腹に視聴率は低迷、平均2~3%程度と文字通り“惨敗”となってしまっている。この緊急事態にもかかわらず、4月以降は『いっぷく!』自体は終了するものの、国分MCの新番組のスタートがすでに決定しているという。

「実は『いっぷく!』スタート時にTBSは、ジャニーズ事務所に対して大きな“借り”を作っているんです。そもそもの経緯としては、一昨年の時点で視聴率が好調な日本テレビが、2014年から放送される企画でジャニーズを片っ端から押さえてしまった。そこでキャスティングを次々と断られてしまったTBSは、慌ててジャニーズサイドに泣きつき、国分MCの『いっぷく!』を制作することが決定したんです」(広告代理店関係者)

 番組の内容や方針は、スポンサー、そしてテレビ局の意向が最優先されるものだが、各局に多大な影響力を持つジャニーズに関しては、この常識も通用しなかったようだ。

「TBSが無理やり頼み込んだということもあって、番組内容に関してもジャニーズサイドからの要望が多かったそうです。番組開始前から、局員の間では『ハッキリ言ってつまらない』『これで数字が獲れるわけがない』と、あきらめムードが漂っていたほどですからね。そして案の定『いっぷく!』は視聴率不振の打ち切りとなりましたが、後番組では番組制作の実権を、ほぼジャニーズ事務所に持っていかれてしまうそうなんです」(同)

 こうなると、後番組は、当然ジャニーズをフィーチャーした企画、さらにはお得意の“バーター”も炸裂するとみられる。

「先日発表された丸山のMC番組に関しても、まさにこのバーター戦略の一環でしょう。MCの実績もなければ、TOKIOやV6ほどの活動歴もない丸山が、何の理由もなくメインMCを務められるワケがない。同じ藤島ジュリー景子副社長派閥のTOKIOと関ジャニ∞だけに、こうした“ゴリ押しバーター”があっさり実現してしまったんです。無法地帯ですね」(同)

 4月から再スタートを切る国分の新番組に関しても、「『作る前から視聴率が望めないのはわかりきってる』『それでも、ジャニーズとのつながりを持つために、作り続けなくてはいけない』という局員の悲鳴が聞こえてきます」(同)というから、TBSにとっては悲惨というほかない。丸山、そして国分についても「生放送MC経験者」という実績は得られても、「数字が追いつかなかった」という不名誉な勲章が残ってしまわなければいいのだが。

『朝8時だJ』とか始まるの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー