[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズ、「TBS乗っ取り」裏事情! TOKIO・国分続投の“無法地帯”に社員も悲鳴

kokubuntaichi04.jpg
「男子ごはん」くらいがちょうどよかったんじゃ……

 今年4月より、関ジャニ∞・丸山隆平が初のメイン司会を務める情報生番組が、TBS系でスタートすることが報じられた。昨年はTOKIO・国分太一が同局で『いっぷく!』をスタートさせたばかりだが、このTBSへの“ジャニーズ侵食”現象の裏側とは――。

 同時間帯にV6・井ノ原快彦が司会の『あさイチ』(NHK)が放送されている中で、異例のスタートを切った『いっぷく!』。ところが期待とは裏腹に視聴率は低迷、平均2~3%程度と文字通り“惨敗”となってしまっている。この緊急事態にもかかわらず、4月以降は『いっぷく!』自体は終了するものの、国分MCの新番組のスタートがすでに決定しているという。

「実は『いっぷく!』スタート時にTBSは、ジャニーズ事務所に対して大きな“借り”を作っているんです。そもそもの経緯としては、一昨年の時点で視聴率が好調な日本テレビが、2014年から放送される企画でジャニーズを片っ端から押さえてしまった。そこでキャスティングを次々と断られてしまったTBSは、慌ててジャニーズサイドに泣きつき、国分MCの『いっぷく!』を制作することが決定したんです」(広告代理店関係者)

 番組の内容や方針は、スポンサー、そしてテレビ局の意向が最優先されるものだが、各局に多大な影響力を持つジャニーズに関しては、この常識も通用しなかったようだ。

「TBSが無理やり頼み込んだということもあって、番組内容に関してもジャニーズサイドからの要望が多かったそうです。番組開始前から、局員の間では『ハッキリ言ってつまらない』『これで数字が獲れるわけがない』と、あきらめムードが漂っていたほどですからね。そして案の定『いっぷく!』は視聴率不振の打ち切りとなりましたが、後番組では番組制作の実権を、ほぼジャニーズ事務所に持っていかれてしまうそうなんです」(同)

 こうなると、後番組は、当然ジャニーズをフィーチャーした企画、さらにはお得意の“バーター”も炸裂するとみられる。

「先日発表された丸山のMC番組に関しても、まさにこのバーター戦略の一環でしょう。MCの実績もなければ、TOKIOやV6ほどの活動歴もない丸山が、何の理由もなくメインMCを務められるワケがない。同じ藤島ジュリー景子副社長派閥のTOKIOと関ジャニ∞だけに、こうした“ゴリ押しバーター”があっさり実現してしまったんです。無法地帯ですね」(同)

 4月から再スタートを切る国分の新番組に関しても、「『作る前から視聴率が望めないのはわかりきってる』『それでも、ジャニーズとのつながりを持つために、作り続けなくてはいけない』という局員の悲鳴が聞こえてきます」(同)というから、TBSにとっては悲惨というほかない。丸山、そして国分についても「生放送MC経験者」という実績は得られても、「数字が追いつかなかった」という不名誉な勲章が残ってしまわなければいいのだが。

『朝8時だJ』とか始まるの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク