ぶっ飛び炎上ママ到来

「小5の息子に避妊具」「5歳児を1人海外へ」MALIA、育児法に「こんな母親イヤ」の声

2015malia.jpg
『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)

 1月30日に告白本『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)を発売したモデル・MALIA。サッカー元日本代表・田中隼磨選手(松本山雅FC)や総合格闘家の山本“KID”徳郁との結婚歴を持ち、今年元旦には横浜F・マリノスの佐藤優平選手と“再々婚”したことを発表。最近では、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!全国ネットだよ!新春90分SP』(関西テレビ系、1月3日放送)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系、1月29日放送)、『PON!』(日本テレビ系、2月3日放送)とテレビ露出が増えるなど、活動の幅を広げているが、奔放な発言にネット上では「知性が感じられない」「応援できない」などと辛辣な声が相次いでいる。

「2002年、19歳のときに田中選手と結婚し、同年に第1子を出産したMALIAは、子どもを引き取って2年後に離婚。04年8月に山本と再婚し、2児をもうけましたが09年に離婚となり、13年秋には元プロゴルファーの古閑美保と熱愛がウワサされていた、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手と六本木でデートしていたことが明らかに。世間のMALIAの印象は、アスリートとの熱愛・結婚で世間を騒がせてきたモデルなのではないでしょうか。過去には、テレビに出演した際に元夫の山本KIDから『養育費をもらってない』と発言し、それに山本本人がTwitterで反論、『テレビに出れれば何でもいいの?』と批判したこともありました」(芸能ライター)

 そして今年、MALIAは3人の子どもを連れて8歳年下のサッカー選手と3度目の結婚をしたが、雑誌をはじめテレビへの進出も盛んになり、独自の子育て論や奔放な発言に注目が集まっている。『アウト×デラックス』では、長男が5歳のときにご飯の食べ残しを繰り返していたため、「これはまずい」と思い、フィリピンにいる知り合いの元へ2週間のホームステイに行かせたことを告白。“戦う方たち”(元夫)と結婚していたため、5歳の子に出す食事としては、「量が多すぎた」などと話し、スタジオの笑いを誘っていた。

「しかし、ネットユーザーからはこの発言に『自分でしつけしなよ』『育児放棄』『放り出された子どもがかわいそう』などと、厳しい声が続出しました。またMALIAは、『長男が小学2年生のとき、iPadを使って性的な動画を見ていたが叱らなかった』『小5のとき、林間学校の前に、もし何かがあったらいけないと避妊具について説明したところ、長男に「ママ、まだ僕は使わないよ」と言い返された』など、オープンな性教育について赤裸々に明かしています。これについてネットでは、『気持ち悪い』『息子がAVを見ていたことをテレビで言わなくても……』『こんな母親はヤダ』などと、長男の将来を心配する声が多数上がり、波紋を呼びました」(同)

 このように、自然体の発言がネット上で批判されているMALIA。2月3日発売の「女性自身」(光文社)のインタビューでも、結婚相手が3人ともアスリートだったことについて「私がアスリートを好きなんじゃなくて、アスリートが私を好きなの(笑)」と発言。「女性から注視される存在になりそう」(前出・ライター)という声もあり、今後の活動にも注目が集まる。

私生活暴露タレントを2~3人消し去るインパクト

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク