[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」1月22日

「婦人公論」でたかじん長女が、愛憎入り乱れる父への思いを告白

fujinkouron150122.jpg
「婦人公論」(中央公論新社)1月22日号

 「婦人公論」(中央公論新社)新春一発目の特集は「新年から始めよう! 幸運を引き寄せる生き方」です。今までも何度となく登場した、運気アップ特集。昨年末最後の特集が「不安に備える『わたし年金』の作り方」でしたので、「婦人公論」において、“不安”と“幸運”は常にセットだとおわかりいただけるでしょう。人生に漠然とした不安を感じ、その不安を払拭するために幸運を願う。言ってみれば“よくわからないものに怯え、よくわからないものにすがる”ということです。

 幸運とは読んで字のごとく「運」なわけで、いつどこに転がっているかわからない、努力でどうにもならない定め。だから「毎日を好転させる私の“元気スイッチ”」では著名人たちの気分上昇法を、「運に愛される3つの習慣」では「脳科学が教える『ラッキーな人』の考え方」「梵字をなぞって、迷いを払い理想の自分に!」「持ちモノ風水で今すぐ開運」と、「気」だの「脳」だの「梵字」だのよくわからないものがてんこ盛りです。「婦人公論」で江原啓之センセイが愛される理由がよくわかります。しかし「梵字なぞり開運法」の「なぞるタイミングは、基本的には『梵字をなぞりたい!』と思うときであればいつでもいい」というアドバイス、そもそも「梵字をなぞりたい!」っていうタイミングはしばしばやってくるものなのですか!?

<トピックス>
◎特集 新年から始めよう! 幸運を引き寄せる生き方
◎渡辺和子 幸せの鍵は、当たり前のことをありがたく思えるか
◎長女が語る「やしきたかじん」 父との大切な思い出を、捏造ストーリーで壊さないで

■わしの人生、わしのもん

 そんな穿ったものの見方ばかりしていては、幸運はやってきませんよ! まずは心静かに冒頭のインタビュー「渡辺和子 幸せの鍵は、当たり前のことをありがたく思えるか」を精読しましょう。ノートルダム清心学園理事長で『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)の著者である渡辺氏が「幸せ」について語っています。

 前号の美輪明宏インタビューのような“隙あらば自分マンセー”な内容ではありません。80代半ば、神に仕える身である渡辺氏が、時折高度な神様ジョークを飛ばしながら、半生を振り返っています。これがなかなか壮絶で、まず最初の悲劇は、9歳の時に父親が目の前で43発もの銃弾を受けて死亡したこと。2.26事件です。かなりトラウマになりそうな出来事ですが、相手を憎みながら暮らし続けることは「結局、相手にとらわれ、支配されているのと同じ」と考え「相手を許し、自由になること」を選んだといいます。「私はどんな時も自分の人生の奴隷ではなく、主人でいたいのです」。

神様ギャグが言いたいから今年は得を積むぜ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決