[ジャニーズ最新言行録]

SMAP・木村拓哉、「いらねぇだろ」とざわちんに苦言! 『SMAP×SMAP』共演の舞台裏

kimuratakuya11.jpg
コンサートにホットパンツ民が増えちゃうよ!

 ものまねメイクで話題のタレント・ざわちんが『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、10月27日放送)の企画で挑戦したSMAPメンバーの“シャッフルものまねメイク”。2011年発売のSMAPのシングル「僕の半分」のジャケット写真に合わせ、ざわちんのメイクによって稲垣吾郎が木村拓哉に、木村が中居正広になるなどソックリに変身し、ネット上でも「すごい!」と絶賛の嵐だった。そんな現場の裏話を、木村がラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM、11月14日放送)で明かした。

 ざわちんのメイク術を駆使し、実現したSMAPの「シャッフルものまねメイク」。総撮影枚数は1,393枚に及んだといい、写真が公開されるたびに観覧席からは拍手と共に「オー!」という歓声が上がるほど、完成度の高い仕上がりだった。

 14日放送のラジオでは、リスナーからの、ざわちんがトークショーで『スマスマ』の裏話をしていたという報告メールが紹介され、木村が撮影現場の様子やざわちんの印象を語り始めた。ざわちんは6月の同番組でも「僕の半分」のジャケット写真を再現しており、その才能は木村も認めるところだったが、今回の企画を聞いたときは「これ、ざわちん生命に関わることじゃん」と、危惧していたという。

「でも、やっぱさすがですよね。一切のビビリがないんですよ。この人が誰々だからっていうビビリがなくて。(中略)キャンバスなんですよ、僕らはあくまでも。感情のあるキャンバスというか、『もっと眼力お願いしますね』みたいな。どんどんどんどん(メイクを)足してってくれて、ざわちんのママも現場に立ち会っていて、ママも結構アドバイスを言うんですよ。『もっと目をこうした方がいいんじゃない』とか。それに対してざわちんが『そんなことはわかってるんだけどさ』って、普通の親子喧嘩が始まったりとかして」

と、現場ではざわちん親子がヒートアップするあまり、置いてけぼりになってしまったこともあったという木村。「どんどんどんどん高みに登っていくような作業だったので、途中から楽しくなりましたね」と振り返っていたが、メイクを施す際のざわちんに“気になる”部分もあったようで……

「またね~、メイクする時のざわちんがね~。いらないぐらいね~、ホント『いらねぇだろ!』って思うぐらい、ホットパンツなんですよ。あれが参りました(笑)」

と、思わぬトラップに集中力を奪われたのか、ざわちんの服装に物申してしまう木村。確かに、放送では白い短めのホットパンツを着用して木村にメイクするざわちんの姿が映っているが、「いらない」という苦言は、悪い意味ではなく「誘惑に負ける」という良い意味で発した言葉なのだろう。「負けず嫌い」で有名な木村だけに、ざわちんの高みを目指す姿勢にも感銘を受けたようだった。

 一方、ざわちんも自身のブログで撮影の秘話を明かしている。放送翌日の10月28日付のブログでは「個性の固まりのSMAPさんそれぞれのメンバーの皆さんとのお仕事は大変刺激的でした」と感想をつづったほか、特に「人に触れられるのが苦手」な中居はメイクをされることも嫌がっていたそうだが、スタッフの奮闘を見てスイッチが入り、撮影した写真を何度もチェックしていたという裏話を告白。さらには、

「最初仕上がりの写真が良くなかった時、中居さんが 『時間切れだったら 別の日にまた時間取ろうか』とディレクターさんに言って下さっていたのをのちほど聞いて思わず涙が出ちゃいました」

と、中居の気配りに感動。29日付のブログでも、ざわちんの事務所に『スマスマ』から「番組瞬間最高視聴率17.3%」のお礼としてお花が届いたと報告していた。

 今後のチャレンジについては、香取慎吾が「嵐になろうよ!」と提案したことが話題になったSMAP×ざわちんのものまねメイク企画。今度はどんな奇跡が起こるのか、「嵐メンバーになるSMAP」が実現する日を、楽しみに待ちたい。

兄さん、ざわちんがタイプなんですよね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク