正直肩透かし!

矢口真里は「復帰させ損」! 優等生キャラにメディアから“引退勧告”!?

yaguchimari01.jpg
我々は矢口真里に何を期待していたのか?

 10月23日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)で芸能活動を再開した矢口真里だが、優等生的対応に終始したことによって「逆に芸能人生命が絶たれた」(広告代理店関係者)という向きもあるという。元夫・中村昌也との離婚原因に関しては、コメントできない旨を再三繰り返した矢口だったが、この立ち振る舞いは結果的に自らの寿命を縮めてしまったようだ。

 矢口は活動休止中の苦悩や激太り疑惑、また離婚の原因となった不倫相手・梅田賢三についても「一緒に住んでいます」とぶっちゃけていたものだったが、肝心の中村との“不倫現場鉢合わせ”については「私が全て悪いと思ってます」と、詳細は言及しなかった。

「離婚事由に『(離婚の)原因を口外しないこと』が含まれていたのは明白ですが、それにしてもあの対応では世間もメディアも納得しない。放送終了後、読売テレビ前で会見した矢口については、取材陣から『これじゃ後追い取材する価値もない』との批判も出ていました」(週刊誌記者)

 もともと矢口の復帰に関しては、休業理由が“不倫”ということもあり、世間は決して前向きではなかった。しかし矢口は、番組制作の現場においては「最も使い勝手のいい女性タレントの1人」と評価されており、復帰に期待を掛けていたのは業界サイドだったという。

「特に復帰への道筋をつくり上げることに執心していたのは、『ミヤネ屋』にも出演していた芸能レポーター・井上公造氏です。彼は矢口の所属事務所社長とも太いパイプを持ち、『絶対に悪い流れにはしない』として『ミヤネ屋』への出演を取り付けた。井上氏のフォローもあり、番組での取り上げられ方は矢口サイドの希望こそ叶ったかもしれませんが、今後の芸能生活は逆に不利にしてしまったといえるでしょう」(前出・代理店関係者)

 事実、会見を見たあるテレビ局の編成スタッフは「あれじゃウチはオファーできない」と切り捨てたという。またダウンタウンの松本人志が「あんまり面白くなかったですね」と発言したように、“優等生”を徹底する矢口は、復帰を望んでいたメディア側にとって「何の面白みもない」「復帰させ損」との見方のようだ。

「あの“何があっても絶対に話さない”という姿勢は、バラエティタレントにとっては致命的すぎる。自身の知名度や強力なバックアップ陣も控える矢口だけに、しばらくはオファーが相次ぐことでしょうが、そこから先は真っ暗ですよ。出てきただけで批判され、芸人としてのアイデンティティを失いつつある、次長課長・河本準一のようになってしまいかねません」(同)

 河本は12年の「生活保護受給騒動」以降、バラエティ番組に出演するたびに「もう出ないで」といった批判を浴びている。番組を盛り上げるべく毒舌を発しても「お前が言うな」で片付けられてしまう有り様だ。業界注目度は満点に近かった矢口の復帰劇だったが、その無難な立ちふるまいは、結果的に自らの寿命を縮めてしまったようだ。
(須田恭也)

「ワイプ芸」自体がすでに死語

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク