ニューシングル発売日に爆弾投下

乃木坂46・松村沙友理、集英社編集者と“不倫路チュー”報道! 「AKBと同社の絆もぶち壊し」

nogizaka_matumura.jpg
松村沙友理オフィシャルブログより

 AKB48のライバルグループ・乃木坂46のメンバーが、初のスキャンダル報道に見舞われた。8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、乃木坂46の選抜常連メンバー・松村沙友理と、集英社の編集者である30代男性との“週1深夜密会”、さらには路上キス写真までバッチリと掲載されている。AKB48と同じく「恋愛禁止」を謳い、さらには清純派路線から“女子校”とも称される乃木坂46だけに、ファンにとって衝撃のスクープとなった。

 今までのAKB48のスキャンダルでも、ジャニーズJr.や運営サイドの幹部といった“シャレにならない”人物がお相手というケースは多々あったが、今回の松村の相手である編集者・S氏は、妻子持ちであり、さらにAKB48グループとは長年の蜜月関係で知られる集英社社員。もともとは同社「ヤングジャンプ」編集部所属の編集者だったが、現在はコンテンツ配信の部署へ異動している人物だという。

「AKB48グループの看板雑誌といえば、関係者だけでなくファンもすぐさま浮かべるのが集英社の『プレイボーイ』。同誌はAKB48のデビュー当時から、グラビアや企画でメンバー起用し続け、ブレークに大きく貢献したといわれています。その恩義もあって、AKB48グループは、『ブレーク後、どんなにスケジュールが厳しくても、「プレイボーイ」の依頼だけは断らないそうです。乃木坂46は正確に言うとAKB48グループではないものの“公式ライバル”の位置づけ。今回のスキャンダルが乃木坂46だけでなく、AKB48グループと集英社の絆を絶ってしまったのは確かでしょうね」(週刊誌記者)

 またある出版関係者は、集英社特有の社風についてこう明かす。

「いい意味でも悪い意味でも、編集者とタレントの距離感が一番近いのが集英社。プライベートで連絡を取ったり、飲みに行ったりというのは、集英社の社風といわれるほどで、中には深い仲になることもあるようです」

 この付き合い方の賛否は置いておいて、結果的にこの社風が今回のスキャンダルに結びついたことは想像に難くない。

「漫画好きという松村だけに、有名漫画誌で編集を務めたS氏と交流するうち、『この人はすごい人なんだ!』と浮かれてしまったんでしょう。しかしこうやって公になってしまった以上、S氏にも何らかの処分が下されるはず。以前、タクシー運転手に暴行を働いた同社社員も解雇は免れていることから、一発解雇ということはないでしょうが、最低でも窓際への異動くらいは覚悟しなければなりませんね」(同)

 さらにこの報道をきっかけに、同社と乃木坂46並びにAKB48グループの蜜月に終止符が打たれる可能性も。松村は同グループの“スキャンダル処女”を破ったばかりか、大手出版社との間に確執を作ってしまったが、今後両者に対する処分に注目が集まる。

これは近年まれに見る「カス」案件と把握

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー