放送前から大騒動!

元KARA、『地獄先生ぬ~べ~』出演に「なぜ外国人」の声! 謎キャスティングの裏事情とは?

20140904nube.jpg
『地獄先生ぬ~べ~』公式サイトより

 10月より放送開始の、関ジャニ∞・丸山隆平主演ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)だが、新キャストが発表されるたびに、ネット上で“袋叩き”に遭っている。同ドラマの原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1993年から99年まで連載していた人気漫画だが、今回ヒロイン役の桐谷美玲と同じ事務所であるスウィートパワーから、元KARA・知英(ジヨン)もWヒロインで出演することが発表された。

 ジヨンが演じるのは、丸山務める“ぬ~べ~”こと鵺野鳴介のフィアンセを自称する、雪女・ゆきめ役。原作でも人気1~2位を争う人気キャラクターだが、ネット上では「なぜ外国人?」「日本語が不安」「ミスキャストだろう」と、さっそく原作ファンからのクレームが。業界的に見れば、完全に桐谷の“バーター”だが、移籍からわずか2カ月でのヒロイン抜擢には、同事務所の業界パワーが遺憾なく発揮されているようだ。

「ドラマの企画段階では、キャスティングには桐谷の名前すら入っていなかったそうです。そんな状態から、桐谷だけでなく、新人・ジヨンまでヒロインにねじ込めたのは、スウィートパワーの手腕によるものでしょう。桐谷は、来年公開予定の映画でA.B.C‐Z戸塚祥太と共演しますが、なかなか正式発表が行われないのは、スウィートパワー側が、ジャニーズに対して『主演は桐谷』と言って譲らないからだといいます。あのジャニーズにも強気に発言できるとは、業界最大手プロダクションにも引けを取らないレベルですね」(広告代理店関係者)

 また、先日発表されたキャストである、速水もこみちと山本美月は、研音とその系列事務所の所属。大手プロ所属タレントが勢揃いの豪華なキャスティングとなったが、「視聴者は、別にキャストの所属事務所でドラマを見るわけではないので、やはり『イメージと違う』という声が続出している」(芸能ライター)という。

「ぬ~べ~のライバル・玉藻京介役の速水にも、ネットユーザーはいまいちな反応ですね。『日テレだからってもこみちかよ……』と、同局の情報番組『ZIP!』の人気コーナー『MOCO’Sキッチン』に絡めた批判も出ています。あと速水は、同じくジャニーズ主演の『ジャンプ』原作ドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)で、最低視聴率回5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という低視聴率での打ち切りを経験しています。今回の『ぬ~べ~』も似た布陣とあって、『こち亀の二の舞いになるんじゃ?』などと、視聴率が不安視されているようです」(同)

 そのほかにもHey!Say!JUMP・知念侑李に、高橋英樹、坂上忍とバラエティに富んだ顔ぶれの『ぬ~べ~』。キャスト発表のたびに批判続出だが、この盛り上がりが、放送開始後の視聴率に無事結びついてほしいものだ。

プレッシャーにやられる丸ちゃんを応援するために見るよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー