年内にはパパに?

市原隼人、硬派イメージ崩壊!?  未入籍の恋人の妊娠発覚に「筋を通す男じゃなかったの?」

20140825ichihara.jpg
市原隼人オフィシャルブログより

 市原隼人と交際している向山志穂が、2人の間の子どもを妊娠していることが、24日に一部スポーツ紙の報道で明らかとなった。サンケイスポーツによると、向山は妊娠6カ月で、年末から年明けにかけて出産予定だという。同紙は2人について、今年5月に「年内にも結婚」と伝えていたが、入籍等のタイミングが合わずに具体的な進展がないまま、妊娠が発覚。一般的には「順序が逆」と言われても仕方がない流れだけに、ネット上では失望の声も寄せられている。

「市原と向山は、2011年夏頃に知人の紹介で知り合い、交際に発展。12年4月に週刊誌が2人の交際をキャッチすると、双方ともにブログで交際宣言を行ったことも話題になりました。その後も交際は続き、些細なケンカで絆が深まったことがきっかけで、今年4月頃から真剣に結婚を意識し始めたとか。向山はすでにおなかの膨らみが目立ってきており、親しい関係者にも妊娠を報告しているそうです」(芸能ライター)

 しかし、『ROOKIES』(TBS系)などでの熱血演技で、硬派なイメージが強い市原のため、未入籍の段階で彼女が妊娠してしまったことについて、さまざまな反応が上がっている。

「妊娠自体はおめでたいことですし、できちゃった結婚が悪いとは言い切れませんが、ネット上では『でき婚か』と、ガッカリしたファンが多い模様です。そもそも市原は、テレビ番組などで『中学時代から長く付き合っている彼女がいる』と、堂々と宣言したことで硬派なイメージが定着していたため、向山との交際が発覚した際には、『支えてくれた彼女を捨てた』とイメージダウン。さらに今回の妊娠発覚で、『硬派で好きだったのに』『筋を通すタイプの男だと思ってた』と、好感度は下がる一方のようです」(同)

 未入籍の彼女との間に第一子が誕生することで、“硬派イメージ崩壊”は免れない市原。本人は“パパ”になることについて、どのような心境でいるのだろうか。ひとまず2人が無事に入籍し、元気な赤ちゃんが産まれることを願いたいものだ。

むしろ硬派以外の売りがなかったことがピンチでは?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク