ヤラセなのは当然でしょ?

ヤラセでも、セクハラでもない!? 『テラスハウス』終了に至ったフジテレビ内部事情とは?

2014teraha.jpg
『テラスハウス』(フジテレビ系)公式サイトより

 11日放送のエンディングで、9月での番組終了が告知された『テラスハウス』(フジテレビ系)。「共同生活を送る男女6人の人間関係や恋愛模様を、台本なしで赤裸々に描く」というコンセプトのもと、筧美和子や今井華ら番組きっかけでブレークしたタレントもいるため、終了には業界関係者からも驚きの声が出ていた。また終了の原因については、一部週刊誌によって報じられた「パワハラ」が挙げられているが、フジテレビに近い制作関係者がその内情を明かした。

「まず大きな原因は、フジが行った全社員の3分の2にあたる1,000人規模の大人事の影響です。編成部では、スタッフの9割近くが入れ替わり、今後はバラエティや報道など全番組のコンセプトまで大幅に変更していく方針です。『テラハ』の担当者は配置換えにはなりませんでしたが、フジ大改革の波に飲まれて、終了が決定したというわけです」

 ネット上では、「ヤラセが番組終了の原因」といわれているが、「その辺は制作だけでなく視聴者含めて『織り込み済み』なだけに、今回あらためて問題視されたわけではない」(同)そうで、実際の終了理由には当てはまらないようだ。

「『週刊文春』(文藝春秋)が報じた、制作による出演者へのセクハラ・パワハラ疑惑が原因として挙がっていますが、この件は当然調査を行い、記事が完全に間違いだったことはわかっています。しかし、こうした記事が出ること自体、局としては喜ばしくない。本来であれば『あいのり』(同)のようなご長寿番組にするという選択肢もあったですが、『バッシングが吹き荒れないうちに、終わりにしよう』と決定したわけです。直接ではないにせよ、あの報道が終了の後押しとなったのは事実ですね」(同)

 さらに『テラハ』は今年4月から、TOYOTAの一社提供から複数社へとシフトチェンジしていた。

「これも終了の原因ではないですね。実は過去にも、番組終了という話は何度もあったんです。4月に一社提供が終了したのは、トヨタがスポンサーを降りたいと申し出たためですが、編成サイドは『この番組は絶対に化ける』と判断して、急きょ複数社での番組継続へこぎ着けたほど。しかし必死のテコ入れも虚しく、結局その後わずか半年で打ち切りと相成ってしまいましたが。終了発表後は、視聴者だけでなく業界ファンからの驚きの声も殺到しているだけに、すでにフジ内部からも『まだ早かったんじゃ』という声も聞こえてきます」(同)

 なお、このタイミングで終了発表が行われた理由は、「一部メディアが番組終了のウワサを聞きつけており、勝手に報じられるくらいならと、週刊誌も休みのこの時期に自ら発表したのでしょう」(同)という。フジとしては“有終の美”を飾ることに成功したつもりかもしれないが、またしてもその迷走ぶりを披露するハメになってしまったようだ。

「元テラハ」タレントがアメブロで大暴れの予感

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム