フジ日曜8時枠の呪い

『クイズ30~団結せよ!~』9月に打ち切りへ! フジの“豪華ひな壇”売りの終わり

quiz30.jpg
『クイズ30~団結せよ!~』(フジテレビ系)公式サイトより

 フジテレビが苦戦を強いられ続けている“日曜8時枠”から、また新たな打ち切り番組が輩出されることとなった。ロンドンブーツ1号2号・田村淳とローラがMCを務める『クイズ30~団結せよ!~』が、9月で放送が終了するという。同枠はダウンタウンの『爆笑 大日本アカン警察』が視聴率不振のため打ち切り、その次番組『教訓のススメ』もわずか5カ月で時間帯移動など「番組が根付かない枠」と言われているが、今回もその説を覆せなかったようだ。

 同枠は、2004年開始の『ジャンクSPORTS』以降、『爆笑レッドカーペット』など、吉本芸人がメインを張る枠として知られている。近頃では、常に視聴率10%台後半をキープする『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に押される形で、フジが同時間帯の最低視聴率を取ることも決して珍しくない。『クイズ30』に関しても、放送前から「すぐ打ち切りになりそう」とネット上で言われていたものだが……。

「同番組は、毎回必ず30名のゲスト回答者が出演するというのが目玉の番組。ジャンルや事務所に縛られることなく、お笑いから俳優、アイドルなど、バラエティに富んだキャスティングをしているんですが、これは、打ち切りになった『アカン警察』と同じ手法です。結局、こうした“豪華ひな壇”を売りにした番組は視聴者に受け入れられず、あえなく半年での打ち切りとなってしまったようです」(芸能プロ関係者)

 番組の視聴率不調の責任は、業界の慣例ではMCとプロデューサーにあると言われているが、元より淳とフジはどうも相性が悪いようだ。

「12年の平日午後2時の放送開始から、視聴率1%台を記録し、たった1年間で放送終了に追い込まれた『知りたがり!』の悪印象がいまだ拭い去れない印象です。打ち切りの原因は、企画うんぬんより、淳が駐車違反をめぐって警察官と口論する様子が、インターネット番組で配信されたことが大きかったといわれるだけに、淳や番組だけでなく、フジ全体のイメージダウンにもつながってしまいました」(週刊誌記者)

 一方で女性MCのローラといえば、一時期ほどの低露出ではないとはいえ、やはり実父の詐欺事件の影響をモロに受けてしまったようだ。

「現在、ローラのレギュラーは『クイズ30』のみ。秋からのキャスティングによっては、『CMでしか見ないタレント』になってしまう可能性も出てきます。今回の事件は、本人が悪いわけではないのですが、結果的にイジりづらいタレントになってしまったのは確かでしょう」(同)

 このフジの“悪夢の枠”の伝説は、今後さらに更新されてしまうのだろうか?

嫌われすらしないのが一番酷

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!