「不倫賛美が不快」「子どもがかわいそう」……視聴者の苦情を押しのけ、上戸彩『昼顔』が視聴率上昇

uetoaya1202.jpg

【日刊サイゾーより】

 早くも多くの民放連ドラが苦戦を強いられる中、上戸彩と吉瀬美智子が不倫妻を演じる『昼顔~平日午後3時の恋人たち』(フジテレビ系)が好調だ。

 24日に放送された第2話は、平均視聴率13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、初回の13.3%からわずかに上昇。今期、視聴率が上向きを見せたのは『昼顔』と高橋克典主演『匿名探偵』(テレビ朝日系)の2作品のみだ。

「上戸はこれまで、何を演じても『子どもに見える』と言われ、童顔に悩まされ続けてきた。やはり今回も、視聴者から『主婦に見えない』という声が少なくない。しかし、第2話では、斎藤工演じる高校教師から『生活感がないっていうか、料理や家事ができるように見えない』と言い放たれるシーンが登場。どうやら……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク