[女性誌速攻レビュー]「steady.」8月号

「steady.」の“痛いお局OLエピソード”が満たす、アラサー女子の欲望とは?

steady201408.jpg
「steady.」2014年8月号(宝島社)

 ずっと思っていたんですが、「steady.」(宝島社)は、全体のページ数の割に、“マネー”を取り扱うページの割合が非常に多い。今月号なんて、「あなたの保険OK?NG?採点表」という記事がカラーで4ページ、毎月の連載の「教えて!お金のコト」が1ページ、「ボーナス貯蓄(はーと)活用術」というページが4ページと、合計9ページもありました。なぜ「steady.」はお金に力をかけるのか? 大きな疑問です。

<トピック>
◎あなたの保険OK?NG?採点表
◎ボーナス貯蓄(はーと)活用術
◎まさか、私って「お局」!?

■アラサーOLは夢見がち?

 「あなたの保険OK?NG?採点表」見てみると、シングル、既婚共働き、既婚専業主婦という3つのライフステージ別で、「あなたに必要な保障はコレ」と紹介。また、「収入が少ないから保険料を払いたくない」「健康に自信があるからまだ保険はいらないと思っている」「勧められるまま、よくわからない保険に入っている」のはNGなどと、保険のCMさながらに煽ってきます。一応、これは広告ページなのかと思って隅から隅まで見ましたが、どうやらそうでもない様子。前後に広告も入っていないので、編集部が「これは必要だ」と思って採用された企画なのでしょう。

 また、「ボーナス貯蓄(はーと)活用術」は、季節柄納得できる企画なのですが、ダメ出しが強烈! 例えば、「無計画な出費は絶対にNG」「1つだけならが落とし穴」「カード払い=借金をキモに命じて」「予定外の買い物は単なる浪費!」「残金は貯金じゃない!」「緊急時にお金がないは最悪」などなどのお説教が終わったと思ったら、最終的なアドバイスとして「ボーナスの70%を貯蓄するのが理想的」ときました。

 そしてこの特集の最後には、ちゃっかり貯蓄して投資ガールになろうという企画や、FXやドル預金、株、インデックス・ファンドなどを始めた人のQ&Aも載っています。しかし「steady.」の記事を読んだくらいで手を出すには危険な分野では? という気がするし、ボーナスを貯蓄するページに無理やりねじ込んでくるのも、難易度が高すぎる。

 ここまでマネー企画に力を入れるのは、読者からの評判がいいのかもしれませんが、ほかの女性ファッション誌と比べても、マネーの比重が高いのは確か。「今の若い子は、先走って心配ばかりして何もできなくなる」とはよく聞きますが、「steady.」にもそれは当てはまるかもしれません。まだ恋愛もしていないのに、「子どもがほしい」「結婚がしたい」という目標だけがはっきりしているとでもいいましょうか。

 国税庁の「平成24年民間給与実態統計調査」を見ると、20~30代女性の平均年収は300万円足らずであるし、非正規雇用が占める割合も50%程度。だとしたら、「steady.」読者にちゃんとボーナスをもらっている人がどれだけいるかも疑問です。今月号のマネー企画からは、一見地に足がついているようで、その実まったく足元が見えていないアラサーOLの姿を垣間見ました。

■“女”か否かで語られるお局

 「まさか、私って『お局』!?」という読み物ページを見ていきましょう。隠れ「お局」の座談会では、冒頭から「私たちが新入社員の頃にお局だと思ってた先輩って、実は30代だったって、最近気がついちゃった」という嘆きから始まります。

 そんな隠れお局が、「これこそお局だと思う行動」は、イケメン社員がいる時といない時では態度が違う、褒めてほしそうに若い頃モテた話をする……など。確かに、「若い頃のモテた話をする先輩の話」は、筆者の周りでも本当によく聞きます。でもよくよく考えると、それって、仕事上の話ではなく、“女”としての話では? 「お局伝説エピソード」でも、「イケメン好きなチーフがアラフィフなのに毎日ミニスカ」とか「自分が乾いてるから、人の恋バナに食いつく」など、やはりお局が「女」であるか否かといったネタが多かったです。仕事が関係ないのであれば、それは単に「オバさん」になりたくないということ。「女として、こうはなりたくないなー」という話をしているだけです。これもまた「先回りして不安になる」現象に似たものかもしれません。

 筆者は、これからメーカーに入社するという女子大生が、まだ内定が出たばかりにもかかわらず、「私って、年上の女性に目をつけられやすいから、お局さまに嫌われないか心配」と言っているのを聞き、まるで「お局さまは、自分の若さや男性社員にチヤホヤされることを嫉妬して、仕事に関係ないのにいじめてくる」とでも言いたげだなと感じたことがあります。まだ起こってもないことを心配してもどうにもならないけれど、実はそうすることで自尊心を満たしている。そんなアラサー女子の隠れた欲望を満たしている「steady.」のことを、あなどれないとも思ってしまいました。
(芦沢芳子)

ただドヤるにも試行錯誤だらけのアラサー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー