その他
サイバー板野も爆誕

板野友美、「また顔変わった?」「迷走しすぎ」! お色気“バニーガール”にシビアな声

20140625tomo.jpg
「週刊ビッグコミックスピリッツ」2014年7/7号(小学館)

 7月2日発売の1stアルバム『S×W×A×G』をリリースする、元AKB48・板野友美。6月23日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)2014年7/7号では表紙を務めているが、その号に掲載されている、板野の“バニーガール姿”がネット上で話題になっている。

 今回の板野の写真は、松任谷由実や浜崎あゆみ、レディー・ガガらを撮影したことでも知られる写真家レスリー・キーが手がけ、バニーガール姿のほか、プールに入水した板野が濡れ髪を振り乱すカットや、ソファに座った板野が目を閉じてセクシーな表情を浮かべるカットも。AKB48を卒業してから約1年が経過したとあって、板野の「大人の魅力」をアピールする仕上がりになっているという。

「ニュースなどでは、板野のバニーガール姿が大きく取り上げられましたが、ネットユーザーからは辛口コメントが殺到。板野はもともと小柄なこともあって『幼児体形』と指摘されており、今回のバニーガール姿でもスタイルの悪さが目立ってしまったのでしょう。また、大人っぽいメイクが施されているのですが、違和感を覚えた人も少なくなかったようで、『また顔が変わった?』と整形疑惑を口にする人も」(芸能ライター)

 板野本人は、このバニーガール姿が「お気に入り」であることが伝えられているが、今回のグラビアに対するネットユーザーの評価はシビアなものだったようだ。

「先日公開されたアルバムの収録曲『Crush』のPVも、『迷走している』とネット上で酷評されています。同曲はTRFや、かつての安室奈美恵の楽曲を彷彿とさせるナンバーで“サイバー風”の板野がラップを披露する場面も。PVを見たネットユーザーからは、『背伸びしている感じ』『90年代の曲みたい』と失笑を買っており、こういったクラブのノリのような曲は、アイドルファンには受け入れられないのではないか……と危惧する声もありました。AKB48卒業後、脱アイドルの新路線にうまくハマれていないのが、板野の現状でしょう」(同)

 アルバム『S×W×A×G』は、地方にイベントまわりをするなど絶賛宣伝中だが、肝心の売り上げはどうなるのか、CDセールスランキングに注目が集まる。

やっぱりアヒル口を捨てるとこからじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 新春ジャニオタ放談
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー