竹田クン、元気?

畑山亜梨紗、ヌード披露は売名成功の証し? 「元AKB48限定のAVレーベル」発足のうわさも

hatakeyamaarisa.jpg
畑山亜梨紗オフィシャルブログより

 華原朋美と明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏との“三角関係”で、一躍知名度を上げた元AKB48・畑山亜梨紗が、9日発売の「週刊ポスト」(小学館)で5ページにわたりセミヌードを披露している。インタビューでは「3月の下旬頃だったかな。竹田さんから告白をされて、お付き合いすることになりました」と、あらためて馴れ初めを告白。そんな畑山について、ある業界関係者は、「元AKB48の“AVデビュー”最右翼」と予想する声が上がっているという。

 微笑ましいカップルだったはずの華原と竹田氏だが、畑山の参戦によって事態は一変。4月発売の「フライデー」(講談社)で「華原との熱愛はヤラセだった」として、竹田氏の本命恋人が畑山ということが報じられた。だが、次第に公の発言をするのは畑山のみとなり、「たった1人で売名行為を続けているような状態」(芸能ライター)になってしまったという。

「畑山はその後もメディアに登場し、『初めてお付き合いした人』『(交際を公の場で)言ってくだされば』と、竹田氏への思いを果敢にアピールし続け、今回のインタビューでは、熱愛報道後、一度も竹田氏と会えていないことも明かしました。当の竹田氏は、ずっと沈黙を貫いているため、畑山のラブアピールは今後も続くかもしれません」(同)

 こうして、一瞬のバブルの甲斐もあって実現したとみられる、今回のセミヌード。「渦中の芸能人が目立とうとするため、ヌードオファーを受けることはよくあります。とはいえ、近年ではネット上で『売名行為』と叩かれる危険性も高いため、ここまで露骨なグラビア登場は珍しいです」(同)という見方もあるが、スキャンダル前の畑山では、決して得られなかった仕事であることは確かだろう。

 そしてそんな畑山に対して、現在あるチームが極秘オファーを送っているという。

「現在、ある有名AVメーカーが立ち上げのために奔走しているのが、ズバリ『AKB48専門レーベル』です。元アイドルや芸能人を専門とするレーベルは存在しますが、さらにAKBに的を絞るんだとか。元メンバーから中西里菜、成瀬理沙とすでにAVデビューをしていますからね。このままいけば、現在一気に名前が知れ渡った畑山は、最初の目玉AV女優となってくれるでしょう」(芸能プロ関係者)

 熱愛スキャンダルからのヌード披露と、もはや竹田氏を完全に置き去りにしている畑山だが、AVデビューは現実のものとなってしまうのだろうか?

スーパーのどさ回りより、モテない男を転がす方が楽だよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク