[女性誌速攻レビュー]「ar」6月号

“雌ガール”と“おフェロ”推し「ar」は、女が女を愛でるための雑誌

ar1406.jpg
「ar」2014年6月号(主婦と生活社)

 20代を読者対象としたビューティ&ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)。めざす理想の女性像としてキーワードにしているのは「雌(メス)ガール」です。ガールもメスですから、「頭痛が痛い」みたいになっちゃってますが、どういう意味かというと、「メスの本能を秘めた可愛いモノ好きガール」だそうです。編集長の笹沼彩子さんは、雌ガールの定義を次のように語っています。

「ご機嫌でヘルシーなエロい女子です。色気って健康じゃないと出ないと思うんです。広く誰からもモテたいわけじゃなくて、ターゲットは一人の男性。自分が大好きな人に、どれだけ長くモテるかというところを大切にしています。ファッションもいい意味でほどほどミーハー。エロいといってもただ単に露出が多い、ということではなくて、たまたまチラッとお腹が見えたとしても、大丈夫な状態を保つ事を大切にする、ということです。見せているのではなく、見えてもOKという女の子ですね」(「SHIPS MAG」#73より)

 無理矢理ひねり出したようなこの「雌ガール」という語、イマイチ世間に受け入れられているようには見えませんが、巷では「ar」といえば「表紙の写真がかわいい」ということのほうが評判になっています。「最近、雑誌『ar』の表紙が攻めていて話題沸騰!」「雑誌arの可愛いすぎる表紙を30ヶ月分集めてみた」といったまとめがあるほどです。では、実際にどんな雑誌なのか、中身を見てみましょう。

<トピック>
◎長澤まさみ YES!!なカラダ
◎オトナの肌見せガイド2014
◎幸せMAX むぎゅむぎゅ白書

■下乳ドレスの真実が明らかに!?

 今月号のテーマは「食べちゃいたくなるBODY!」。巻頭特集は、長澤まさみのグラビアとインタビュー「YES!!なカラダ」です。

「キレイな身のこなしの女のコを日常的に演じるのも大事かなって(笑)。たとえば、『今日は27歳のお誕生日』と心の中で設定して姿勢正しくリズミカルに歩いたり、『今日はオシャレして、SEX and the CITYごっこ』とハイヒールを履いて、キレイなワンピを着たり…。今日は可愛く、今日はカッコよくとか!!! ボディをキレイに見せるのに、ちょっとナルシストになってみることも大事(笑)」

そろそろ「SATC」に代わる、女遊びのアイコンがほしいところ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに