[女性誌速攻レビュー]「ar」6月号

“雌ガール”と“おフェロ”推し「ar」は、女が女を愛でるための雑誌

ar1406.jpg
「ar」2014年6月号(主婦と生活社)

 20代を読者対象としたビューティ&ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)。めざす理想の女性像としてキーワードにしているのは「雌(メス)ガール」です。ガールもメスですから、「頭痛が痛い」みたいになっちゃってますが、どういう意味かというと、「メスの本能を秘めた可愛いモノ好きガール」だそうです。編集長の笹沼彩子さんは、雌ガールの定義を次のように語っています。

「ご機嫌でヘルシーなエロい女子です。色気って健康じゃないと出ないと思うんです。広く誰からもモテたいわけじゃなくて、ターゲットは一人の男性。自分が大好きな人に、どれだけ長くモテるかというところを大切にしています。ファッションもいい意味でほどほどミーハー。エロいといってもただ単に露出が多い、ということではなくて、たまたまチラッとお腹が見えたとしても、大丈夫な状態を保つ事を大切にする、ということです。見せているのではなく、見えてもOKという女の子ですね」(「SHIPS MAG」#73より)

 無理矢理ひねり出したようなこの「雌ガール」という語、イマイチ世間に受け入れられているようには見えませんが、巷では「ar」といえば「表紙の写真がかわいい」ということのほうが評判になっています。「最近、雑誌『ar』の表紙が攻めていて話題沸騰!」「雑誌arの可愛いすぎる表紙を30ヶ月分集めてみた」といったまとめがあるほどです。では、実際にどんな雑誌なのか、中身を見てみましょう。

<トピック>
◎長澤まさみ YES!!なカラダ
◎オトナの肌見せガイド2014
◎幸せMAX むぎゅむぎゅ白書

■下乳ドレスの真実が明らかに!?

 今月号のテーマは「食べちゃいたくなるBODY!」。巻頭特集は、長澤まさみのグラビアとインタビュー「YES!!なカラダ」です。

「キレイな身のこなしの女のコを日常的に演じるのも大事かなって(笑)。たとえば、『今日は27歳のお誕生日』と心の中で設定して姿勢正しくリズミカルに歩いたり、『今日はオシャレして、SEX and the CITYごっこ』とハイヒールを履いて、キレイなワンピを着たり…。今日は可愛く、今日はカッコよくとか!!! ボディをキレイに見せるのに、ちょっとナルシストになってみることも大事(笑)」

そろそろ「SATC」に代わる、女遊びのアイコンがほしいところ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  3. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  4. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  5. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  6. 有名犯罪者は、塀の中では“芸能人”!
  7. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  8. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  9. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  10. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  11. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  12. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  13. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  14. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  15. 清水富美加の年収1500万円報道で、「レプロは偉い」と担ぎ続ける“芸能ムラ”
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道
  18. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  19. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  20. 菊地亜美の会見がド修羅場に

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  4. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  5. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  3. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も