[女性誌速攻レビュー]「ar」6月号

“雌ガール”と“おフェロ”推し「ar」は、女が女を愛でるための雑誌

ar1406.jpg
「ar」2014年6月号(主婦と生活社)

 20代を読者対象としたビューティ&ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)。めざす理想の女性像としてキーワードにしているのは「雌(メス)ガール」です。ガールもメスですから、「頭痛が痛い」みたいになっちゃってますが、どういう意味かというと、「メスの本能を秘めた可愛いモノ好きガール」だそうです。編集長の笹沼彩子さんは、雌ガールの定義を次のように語っています。

「ご機嫌でヘルシーなエロい女子です。色気って健康じゃないと出ないと思うんです。広く誰からもモテたいわけじゃなくて、ターゲットは一人の男性。自分が大好きな人に、どれだけ長くモテるかというところを大切にしています。ファッションもいい意味でほどほどミーハー。エロいといってもただ単に露出が多い、ということではなくて、たまたまチラッとお腹が見えたとしても、大丈夫な状態を保つ事を大切にする、ということです。見せているのではなく、見えてもOKという女の子ですね」(「SHIPS MAG」#73より)

 無理矢理ひねり出したようなこの「雌ガール」という語、イマイチ世間に受け入れられているようには見えませんが、巷では「ar」といえば「表紙の写真がかわいい」ということのほうが評判になっています。「最近、雑誌『ar』の表紙が攻めていて話題沸騰!」「雑誌arの可愛いすぎる表紙を30ヶ月分集めてみた」といったまとめがあるほどです。では、実際にどんな雑誌なのか、中身を見てみましょう。

<トピック>
◎長澤まさみ YES!!なカラダ
◎オトナの肌見せガイド2014
◎幸せMAX むぎゅむぎゅ白書

■下乳ドレスの真実が明らかに!?

 今月号のテーマは「食べちゃいたくなるBODY!」。巻頭特集は、長澤まさみのグラビアとインタビュー「YES!!なカラダ」です。

「キレイな身のこなしの女のコを日常的に演じるのも大事かなって(笑)。たとえば、『今日は27歳のお誕生日』と心の中で設定して姿勢正しくリズミカルに歩いたり、『今日はオシャレして、SEX and the CITYごっこ』とハイヒールを履いて、キレイなワンピを着たり…。今日は可愛く、今日はカッコよくとか!!! ボディをキレイに見せるのに、ちょっとナルシストになってみることも大事(笑)」

そろそろ「SATC」に代わる、女遊びのアイコンがほしいところ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク