そもそもどんな顔してたっけ?

椿姫彩菜、「顔面大改造」疑惑で話題! ホリプロ退所でささやかれる“消えた”理由

2014rtsubaki.jpg
椿姫彩菜公式Twitterより

 椿姫彩菜の顔が、「トリンドル玲奈」化しているとネット上で話題になっている。椿姫は先月末に所属の大手芸能事務所・ホリプロを退所したことをTwitterで明かしていたが、こちらに関してはまったく話題にならず、顔の変化ばかりが盛り上がるという不名誉な事態となってしまったようだ。

 椿姫は先月31日、Twitterで「五月いっぱいで、ホリプロを退社することになりました。クビでももめたわけでもなく円満です(笑)」と報告。今後はフリーで芸能活動を続けていく予定という。

「タレントが大手事務所を退所なんて、普通はビッグニュースになるはずなのですが、ネットユーザーは、椿姫の自画撮り写真に夢中。売れっ子だった頃に比べて、まるで別人になっていると、騒ぎになっていますよ。『最近はどんどんオッサン化してたのに』『リフォームしたのか』と、外見に関するコメントが目立っています。メイクの仕方や写真の撮り方もあると思いますが、確かに輪郭と目元が以前と違うように感じますね」(同)

 そんな椿姫の退社理由だが、本人いわく「これからの私を考えた時、自分をもう一回見つめ直そうと思いました」というハッキリとしないもの。

「Twitterでは、仕事の依頼窓口として、フリーのメールアドレスが紹介されていましたが、有名タレントとしてこの対応は、ありえません。またホリプロは多少のスキャンダルがあっても解雇に至ることは少なく、また芸能プロには珍しい月給制であることから、自ら辞めるタレントはほとんどいません。事務所を挟むことで、制限や取り分などデメリットが生じる、新規ビジネスでも始めるつもりなんでしょうか」(芸能プロ関係者)

 さらに、椿姫彩菜が以前に比べて、露出がかなり減っていたことに関しては、こんな厳しい意見が聞こえてくる。

「彼女は『コレは無理』『やりたくない』といったわがままばかりで、自ら仕事の幅を狭めていきました。そのため、どんな汚れ役でもフレキシブルに対応する佐藤かよに、ポジションを奪われた……という印象です。現場スタッフからは良い声が聞こえてこないので、椿姫に新規のオファーが入るとも思えません」(制作会社関係者)

 今後どんな活動を行うにせよ、所属事務所を退所したことより“外見の変化”が話題になってしまう椿姫の前途は、より厳しいものになっていきそうだ。

「佐藤かよじゃない方」としては、佐藤かよが消えるのが一番怖い?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!