【うわさの会見現場から】

映画『相棒』、“不審者侵入事件”が宣伝に!? 大喜びの東映にとんでもないウワサ浮上

aibo3.jpg
『相棒‐劇場版III‐巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』公式サイトより

 人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の劇場版第3弾『相棒‐劇場版III‐巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』が、4月26日から公開になった。テレ朝と配給の東映から“稼ぎ頭”として期待がかかる同作だが、ディズニー映画『アナと雪の女王』が予想以上のヒットを続けていること、また2012年の大ヒット作の続編『テルマエ・ロマエII』と公開が重なったことで、今回は苦しい戦いを強いられるともいわれている。

 しかしその公開初日、『相棒』に思わぬトラブルが発生した。主演・水谷豊らが都内劇場で舞台挨拶をしている最中、同ビル内の東映本社に不審な男が侵入したのだ。そのため、各報道で大きく取り上げられることとなり、結果的に宣伝につながったという。

「不審者はすぐに捕まったために被害は出ず。またこの件により、翌日のスポーツ紙で、ライバル東宝の『テルマエ・ロマエ2』よりも『相棒』の方が大きく報じられとあって、東映は『不審者様様』といった様子。記事を担当した記者やデスクらには、東映から『あんなに大きく扱ってくださって、ありがとうございます!』と、お礼の電話がかかってきたそうです」(週刊誌記者)

不審者が簡単に入ることができるという管理の甘さが露呈したにもかかわらず、この事件に喜びを爆発させている東映には、マスコミ関係者の間で、次のような説まで浮上しているという。

「刑事ものの作品での警察騒ぎ。まさに映画さながらの展開に、“不審者は東映のヤラセ説”を唱える者までいますよ。東映が力を入れた『偉大なる、しゅららぼん』『サクラサク』が続けて大コケしたため、ついに奥の手を使ったのではと、面白おかしく吹聴しているんです」(芸能ライター)

 果たしてこの騒動がGWの客入りにつながるのかどうか、注目したい。

大衆娯楽を作るにふさわしいヤクザな社風!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  4. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー