サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

西村京太郎、山村美紗、西村妻――いまも続く「日本ミステリー界の歪な三角関係」

kyoutarou_hana.jpg
『華の棺』(朝日新聞出版)

 日本ミステリー界の重鎮で、「日本一稼いでいる作家」ともいわれる西村京太郎。同じくその世界で“女王”と呼ばれていた故・山村美紗との“ただならぬ関係”は度々報じられているが、西村の妻をも巻き込んだいびつな三角関係は、今もなお繰り広げられているという。

 美紗は、夫と娘(山村紅葉)を持つ身ながら、西村と京都に豪邸を共同購入。渡り廊下でつながったその一軒家で、奇妙な同居生活を送っていたという。美紗が1996年に65歳で亡くなった後、西村氏は『女流作家』(2000年)『華の棺』(06年、ともに朝日新聞出版)と、美紗との関係をもとにした小説を発表している。


 美紗を失った西村は、子連れの年下女性Aさんと結婚し、京都から神奈川県・湯河原へ居を移すが、実は西村と美紗、そしてAさんは京都時代から微妙な三角関係にあったのだという。

「Aさんは現在70代で、京都時代から秘書として西村先生のもとで働いていた方なんです。例の豪邸には同居していなかったようですが、書く以外のことが何もできない西村先生を、美紗と一緒に支えていたといいます。美紗とも仲が良く、当然2人の関係は知っていました」(出版関係者)

美紗が亡くなり、全てを承知の上で西村と結婚したAさんだが、やはり積もる思いはあるようだ。

「西村先生は、京都の豪邸の名義を美紗さんにあげていました。しかし美紗さんの死後、『思い出の場所として持っておきたい』と、購入時よりも高額で買い取ると美紗さんの夫に提案したそうです。結局、夫が拒否して実現しなかったらしいのですが、Aさんからしたら、面白くないでしょう。このように西村先生は、いまだにAさんの前で、美紗さんの思い出を頻繁に語るため、Aさんは知人と飲むと必ず『京太郎先生は私のことは愛していない』『愛しているのは美紗さんだけよ』と嘆くそうです。Aさんの西村先生への思いは深く、湯河原に西村京太郎記念館を作ったのも彼女。『妻としてもっと認めてもらいたい』という気持ちが、酔うとこぼれるみたいです」(同)

ミステリーに包まれすぎた西村と美紗の間に完全に割り入ることは、誰にもできないということか……。

愛だ恋だに溺れることが長生きの秘訣かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー