綿密に練られた連携プレー!

「ネタ合わせが完璧」布川敏和&つちやかおり、別居&不倫報道にマスコミが白ける理由

hukkun_hp.jpg
布川敏和オフィシャルサイトより

 1日発売「週刊新潮」(新潮社)に、「別居」と「不倫疑惑」を報じられたつちやかおり。夫である元シブがき隊の“ふっくん”こと布川敏和との夫婦関係の亀裂は、報道だけでなく本人の口からも語られていた周知の事実だが、当時は「夫婦関係すら話題作りにしている」と批判されていた。今回も、夫婦で同日に会見を開くという珍事を繰り広げているが、この“家族ぐるみ炎上商法”の行方は……。

「つちやは昨年8月の『女性セブン』(小学館)単独インタビューで『離婚したければどうぞ。もう愛はない』と、布川の女遊びに呆れ果てたと心境を告白。しかし同誌発売後に、本人は自らマスコミ宛のFAXとブログの二弾仕立てで『本意でないことが掲載されており、私自身驚いております』と釈明しました」(芸能ライター)


 ところが今回は、散々ネタにした夫の不倫とは裏腹に、つちや自身の不貞が報じられた。お相手は都内割烹店の店主で、2人が深夜に仲睦まじく手をつないで歩く写真も掲載されている。「こうなると、自分が“被害者”になって世間の耳目を引こうという計画も総崩れですね」(同)という。まさに策に溺れた格好と思いきや、翌日にはさっそく本人が会見して「私の中では大きな覚悟を持って出たつもりです」と離婚を視野に入れた別居だったと語り、男性について「私の心のよりどころとなっている」と明かした。

「つちやの会見が終わるや否や、続けざまに会見した布川は、『離婚の話はしていなかった。僕としては(離婚しないで)大丈夫ですよ』と、双方の見解には食い違いが生じています。なおつちやは会見直後に、『ノンストップ!』(フジテレビ系)生放送に出演し、夫が自身の不倫について記者会見に応じる様子を、コメンテーターの立場で見守るという“離れ業”を展開。結局今回も、両者揃って『ネタ合わせ』は完璧の状態です。全てを話題作りに利用してしまおうという腹づもりなのでしょうか」(芸能レポーター)

 つちやが所属する事務所は布川が社長を務めており、つちや自身も同事務所役員とあって、「両者は綿密な打ち合わせが可能な関係であることは明らかですよ」(同)という。芸能人の不倫スキャンダルはマスコミの格好のネタとなるものの、この両者に関してだけは「イジられればイジられるほど喜んでしまう」と認識し、多少自粛する姿勢も必要かもしれない。

ジャニーズで培った演出力をここで発揮?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー