しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「数億円を恐喝」氷川きよし、「樫木裕実に苦言&暴露」ヒロミ、あのトラブルのウラ事情

hikawakiyosihp.jpg
氷川きよし公式サイトより

編集S 昨年後半あたりから、テレビでヒロミをよく見るようになったね。2月には、東京・中目黒に新しいスタジオをオープンだよ。ノってるね。再ブレイクしたのかしら? 私の予想じゃ、今年は森脇健児が再ブレイクする予定だったのに!

しいちゃん そうそう。その中目黒のスタジオは、以前、樫木裕実のスタジオがあった跡地とか。樫木はかつてヒロミの経営するジムに所属していたんだけど、12年8月に独立。別の女性オーナーのバックアップにより同年12月、その中目黒にスタジオをオープンし、会員数が約1,200人、入会待ち300人と大繁盛していたようだけど、13年12月、たった1年で突然閉鎖。女性オーナーと袂を分かち、今年4月26日に、東京・南青山に新しいスタジオをオープンしたんだって。

編集S なんだか落ち着きない人ね、ヤバい臭いがするな……。『ソロモン流』(テレビ東京系)で流れた、樫木の自宅のセンスも相当ヤバかったけどねぇ。

しいちゃん 樫木は、閉鎖したスタジオの跡にヒロミのスタジオが入ったことについて、イベントで「ヒロミさんが入るのは去年から知っていました。私も悲しい気持ちはあります」とコメント。一方、ヒロミは、「女性自身」2014年5月13日・20日合併号(光文社)の取材で、「悲しいって言われても、その感情だけはよくわからない。(スタジオ閉鎖で)オーナーさんは何億円もの負債を抱えちゃってるので、悲しいのはオーナーさんだと思うんだけど……」「何億の負債を負った人(オーナー)に対して、もうちょっと何かこう配慮というかね。やっぱり、感謝の気持ちがあってもいいんじゃないのかなぁ」と苦言を呈してる。

編集S やけに「オーナーさん」に同情してるじゃないの。

しいちゃん かつての自分と重ね合わせてるんじゃないかしら。というのも、女性オーナーは樫木のために2億円を超えるお金をかけてスタジオを作り、毎月250万円のプロデュース料を支払っていたそう。にもかかわらず、樫木はほとんど一般人にレッスンせず、芸能人に対するパーソナルトレーニングと自分の会社が主催するトーク&エクササイズイベントばかりしてたんだって。一般会員にレッスンを行わないんじゃ、施設を作った意味がないし、集まった会員も離れていって商売にも影響する。この点は、ヒロミも「週刊文春」3月20日号(文藝春秋)で、「カーヴィーダンスが注目されてからは、僕のスタジオにいた時にも彼女は一般の会員にはほとんどレッスンしませんでした」と暴露してる。それが原因でクレームが殺到するなど営業に支障が出たことが、樫木に独立を勧めた理由の1つなんだけど、これまでそんなことは言わず黙ってたよね。

編集S 報じられていたのは、ヒロミがカーヴィー関連書籍の印税を樫木に一切支払わなかったから、樫木が不満で独立した……って話ね。

しいちゃん それは、樫木と親しい神田うのが誤ってコメントしただけで、樫木本人やヒロミから事実と違うと指摘、うのも謝罪してる。実際は1億円以上の印税を支払っていたそうよ。そういった経緯があり、ヒロミは樫木に振り回された女性オーナーを心配して連絡。施設の賃貸契約があと4年も残っていると聞き、跡地を借り受けて、代官山店を移転させる形で中目黒店をオープンさせたそう。

編集S なんだかヒロミが“いい人”っぽい流れになってるじゃない。スタッフに横柄でマチャアキにタメ口聞いて芸能界を干されたって話も、いまや“都市伝説”としてうやむやになってるし! 私は忘れないわよ。嫁は松本伊代だし!

しいちゃん 嫁が伊代なのはいいじゃない! でも一方的な情報を信じちゃダメよ! 樫木も樫木で、ヒロミや女性オーナーに対して言い分があるんだろうけどね。それはともかく、この前友達が「カーヴィーでウエストがくびれた!」って言ってたから、あたちも始めてみようかしら~。

編集S 5歳でくびれる必要ないでしょ。くびれどころか、胸もないんだから! それにしても、トラブルの報道にはいろいろウラが隠されているものね。

しいちゃん 大沢樹生VS「週刊ポスト」の件もね。大沢は、「週刊ポスト」2月21日号(小学館)で、「愛人契約をあっせんしている」「反社会的勢力と交流・交際している」などと報じられたことに対し、事実に反していると、発行元の小学館などに対し、1,000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしているそう。芸能記者サンによれば、「大沢の元妻・喜多嶋舞の現在の夫は、数々のタレントや女優とウワサになったこともある小学館のイケイケ社員。今回の大沢に関する記事との関連はわかりませんが、喜多嶋と長男との親子関係をめぐり調停中の大沢にとってイメージダウンになることは確か」という話よ。親子関係の調停は、何も進展していないみたい。

編集S さっさと喜多嶋がDNAの再鑑定をすればすぐに解決する話なのに。まだしてないという点が全てを物語ってるね。

しいちゃん 大沢と親しいという、脚本家の井沢満は、2014年1月8日のブログで大沢について「ある肝心な一点を彼は言わずに、耐えて黙り通している」「語れば圧倒的に自分に有利になる、あることは黙り通し耐え忍んでいる。人として立派です」と書いてる。喜多嶋との間には、長男の問題だけでなくまだ何かウラがあるようよ。

編集S 親子関係以上に「肝心な一点」って何!? ウラ側が気になるわー。

しいちゃん ウラ側といえば、氷川きよしのウラ側も気になるわね。4月29日付け「東京スポーツ」で、氷川きよしの所属する事務所が元従業員から「数億円を恐喝されている」と報じてる。記事によれば、元従業員は、今年わずか数カ月で退社。その後突然、「氷川の暴力行為をばらされたくなければ金を出せ」「録音したテープもある」と脅しのメールを送りつけてきたそう。暴力について事情に詳しい人によれば、「知る限りでは1回か2回」あったようなんだけど、軽く足を蹴ったことや水しぶきをかけたくらいでケガをするほどじゃなかったそう。その元従業員が、「新人なのに、仕事をサボるしよくうそをつくなど、とにかく周りのスタッフから見ても態度が悪かった」んだって。

編集S 氷川きよしって芸能記者の間でも評判がいいというじゃない。アタシも昔、家族ぐるみで付き合ってるババアと母と3人でバスツアーに参加したら、バスガイドさんが「この間、氷川きよしを乗せたんだけど、すごく感じがよかったわ~」って前歯に口紅つけてることにも気付かず褒めてたわよ~。怒って足を蹴るなんて想像できない! ショックだわ~。

しいちゃん さらに、東スポの記事によれば、この元従業員の背後には、氷川の所属事務所に強い恨みを持つ人が付いていて、糸を引いているらしい。元従業員は、氷川やスタッフに口頭で注意を受けてもニヤニヤ笑っていたとのことで、最初からわざと手を出させるように挑発し脅すつもりだったと見られてる。ネットでは、「いくら挑発されても暴力はダメ」という意見もあるけど、「氷川はいい人そうだからつけ込まれる」「挑発されても足を小突く程度しかしない氷川。本当に優しいヤツなんだろうな」と氷川を擁護する意見もある。また、「この程度で億まで要求できない。ほかの証拠を握られてるのではないか」と勘ぐる声も。

編集S 芸能界ってウラばかりで本当に恐ろしいところだわ。氷川もほら、必殺・芸能界のドンを頼って! え? ドンじゃなくて、「白鶴まる」で共演している漁師さんたちが来ちゃった? たしかに氷川が出ているのは、「黄桜 呑(どん)」じゃなくて、「白鶴まる」のCMね。申し訳ないから、「白鶴まる」の一升瓶を渡して帰ってもらって~~!

きよし親衛隊を怒らせる方が面倒だっつうのに!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー