「グループトップのクズ」再び

「有名アイドルをも魅了」SKE48・鬼頭桃菜、ファンからの卒業証書に「笑えない」の声

kitomomona02.jpg
鬼頭桃菜公式Google+より

 昨年7月、「週刊文春」(文藝春秋)にNEWS・手越祐也との泥酔キス写真掲載、さらに先月には、Twitterの裏アカウントでの陰口が発覚し、グループ卒業間際に大炎上を起こしたSKE48・鬼頭桃菜。9日、鬼頭の劇場最終公演が行われ、涙ながらに「今後は1人になるが、自分の道を頑張る」とコメントしていたというが、ネット上では劇場に飾られていた「卒業証書」の写真が話題になっているようだ。

 その写真は、ファン有志から贈呈された証書のようで、「お姫様のようなオーラと類稀なるグラマラスボディで数多くのファンだけでなく某有名アイドルさんまでをも魅了しました」と書かれており、手越の流出写真を暗にイジったようなもの。

「これに対してネット上には、『運営が、この証書を飾るのをOKしたってことだよね』『これってNEWSの手越のことだよね? ジャニーズをネタにして大丈夫なの?』『ぶっちゃけ笑えない』と、驚きの声が多数投稿されています」(芸能ライター)

 鬼頭は先月、鍵付きのTwitter裏アカウント(現在はすでに削除)の内容が、一部フォロワーによって流出してしまうという騒動を起こしていた。「SKEというグループがひたすらきもい」「(※ファンに対して)いっきにしょくよくうせたきもい」と、衝撃のツイートも多数投下されていた(既報)。

「それを皮肉って、『きもいから、こういう証書を贈られてもしょうがない』といったコメントを書き込む者もいました。SKE48をメンバー自身が批判することは、ファンにとって最もつらいことだったようです」(同)

また公演終了後、SKE48の同僚である松村香織が、自身のGoogle+に、「NO反省ぽーず」をしている鬼頭の写真を掲載。身内が、スキャンダルを蒸し返すという珍プレーもみられた。

「松村は以前も、サイゾーウーマンの『SKE48・鬼頭桃菜、Google+炎上! Twitter裏アカウント発覚で「グループトップのクズ」』という記事を自身のGoogle+で取り上げ、『グループトップのグズは言い過ぎヽ(`⌒´)ノ笑』と茶化したこともありました。これにはファンから、『これに触れるんだ……』『拡散するってどうなの』と疑問の声が多数上がりました」(同)

 こうして、かつてない四面楚歌での状態で行われた非常に珍しい劇場最終公演となった鬼頭。「自分のやりたいことをやりたいと思って決断した」という卒業だが、SKE48としては、最後の舞台となる今月29日の握手会で、鬼頭はファンに対してどんな勇姿を見せてくれるだろうか。

SKEオタの笑いのセンスがわからない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!