これは赤っ恥!!

「英語で早漏の意味」加藤茶、綾菜夫妻愛用の「P.E」キャップに衝撃の事実発覚

pecup.jpg
加藤茶オフィシャルブログより

 加藤茶の誕生日に合わせて、2月末から3月上旬にかけて、アメリカのラスベガス、ロサンゼルス旅行を楽しんだ、茶と綾菜夫妻。出発時には成田空港と羽田空港を間違え、税関でも夫婦と信じてもらないというトラブルに見舞われたほか、綾菜がラスベガスで購入したというドレスが「ダサすぎ」て、ネット上は大盛り上がりとなった(既報)。

「ほかにも、茶と綾菜の2ショット写真がほとんどないことから、『実は綾菜と茶は別行動なのでは?』『綾菜は別国にいるのでは?』という、とんでもないうわさが立ちました(笑)。また、綾菜がラスベガスで、自身が手がけるファッション&アクセサリー通販ショップ『P.E(ピーイー)』の撮影をしたことをブログで報告した際には、『夫の誕生日旅行なのに撮影?』と批判が起こりましたね。さらには、綾菜の母親もこの旅行に同伴していることが発覚し、『茶へのタカリ旅行』とも揶揄されました」(芸能ライター)


 そんな中、綾菜の通販ショップ「P.E」をめぐってある衝撃的な事実が発覚。ネットユーザーを爆笑の渦に巻き込んでいるという。

「この『P.E』は、間違いなく茶のギャグ『カトちゃんペッ!』の『ペッ!』からきているでしょう。茶と綾菜は、大きく『P.E』の文字があしらわれたキャップを愛用しており、ラスベガスでもかぶっていたようですが、あるネットユーザーが『P.E』は英語で早漏の意味だと指摘し、ネット上は笑いの渦に。『外国でも笑いを取ろうとしたのか』『堂々とアメリカで恥ずかしい行動を』といったコメントが出ている状態です。もともとあの『P.E』キャップは、『デザインのせいで、賀正としか読めない』などとイジられていたので、ネットユーザーからは注目度の高いアイテムでした」(同)

 実は下ネタだった「P.E」キャップだが、実際の茶は「大病を患ったため、性行為はできない状態だそう。しかし、“寝取られ”願望があるため、綾菜が外で彼氏を作ることも黙認しているそう」(同)という。

 「P.E」は過去に、転売品であるにもかかわらず、「オリジナル商品」として販売し、問題になったことがあった。現在も、いまだ批判が止まらない「P.E」だけに、名前を変えて新装開店した方がいいかも?

綾菜のギャグセンスに嫉妬!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム