サイゾーウーマン勝手に調査団

マスコミ・業界関係者に聞いた、気を遣う「“勘違い”女性芸能人」

kurichan.jpg
勘違いするのも仕方ない外野の盛り上がりだもん

 「お・も・て・な・し」で2013年流行語大賞を受賞した滝川クリステル。しかし、実際はおもてなし精神にあふれるどころか、スタッフが滝クリを逆おもてなし。ご機嫌を窺いながら仕事をする“気を遣うタレント”の1人になってしまったようだ。

「とにかく事務所が強気。『バラエティは出ません、おもてなしは言わせません』などいろんなNG事項があります。また、『文化人の○○さんと対談ができるなら、バラエティでも出ます』といった要望も上から目線。文化人として売っていくつもりなのでしょうが、本業のキャスターとしての能力もアドリブが効かないといわれています。その美貌が衰えると共に、オファーも減ってしまうでしょう」(テレビ局関係者)

 13年に突然の米国留学を発表し、先頃帰国した女優の相武紗季も強気な性格で知られているようだ。

「映画にドラマにと主演作を何本も持っていますが、近年は3番手あたりでのオファーが中心です。スタッフも彼女の強気なキャラクターを知っているため、オファーされる役柄も口が悪い役など個性的な内容が多いんですが、本人はそれが納得いかない様子。『なんで私がこんな役なのよ!』とスタッフに不満を漏らすことも。そういう場合は、『この役柄は演技力がないとできないんで……』とスタッフがおだてて納得してもらっているんだとか。実際、本人のキャラクターが演技に生かされているので、20代女優としては悪役もできる貴重な存在です」(ドラマスタッフ)

 一方、女優気取りが鼻につくと評判なのが、ものまねタレントとしてブレイクした福田彩乃。

「長澤まさみや上野樹里などのものまねで注目を集めたのに、バラエティに出る際は『ものまね芸人』という肩書はNG。肩書は『女優・タレント』と、本人はすっかり女優気取りです。最近では芸人枠でのひな壇ゲストも断るようになっていますね。今後は女優活動をメインにやっていく方針らしいです。ただ芸人としては美人だけど、女優としてはルックスも演技力もイマイチなので、女優路線は厳しいのでは」(バラエティスタッフ)

 海千山千の猛者ばかりが集う芸能界。一般人から見て、気が強すぎたり勘違いしてると思われるぐらいでないと、芸能界では生き残れないのかもしれない!? 

勘違いも才能!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

マスコミ・業界関係者に聞いた、気を遣う「“勘違い”女性芸能人」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! サイゾーウーマン勝手に調査団滝川クリステル相武紗季福田彩乃芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!