[官能小説レビュー]

『ゆっくり 破って』から考える、「三十路の処女はいかに“破られる”べきか?」

『ゆっくり 破って』から考える、「三十路の処女はいかに“破られる”べきか?」

 「三十路の処女」という女性は、果たして存在しているのだろうか。男が苦手なわけでも、同性愛者でもない。学生時代には交際相手もいたし、デートもキスも経験した。しかし、その先にはいかなかった。そしてそのまま大人になり、気がついたら三十歳を過ぎていた……私は、そんな都市伝説のような女性はほとんどいないと思っていたが、最近、実は意外と少なくないのではないかと感じている。恋愛全盛期の20代から三十路前を経て、晴れて結婚に落ち着いた女友達何人かが、「実は……旦那が最初で最後の男」だと、今になって私に告白しだしたのだ。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ゆっくり 破って』から考える、「三十路の処女はいかに“破られる”べきか?」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ゆっくり 破って官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!