「全然似てない」パクリK-POPアイドルの様にならない“きゃりーぱみゅぱみゅ”模倣

fatcat.jpg
「Make Up」/ビクターエンタテインメント

 ももいろクローバーZのパクリで一躍話題となった、韓国のアイドルグループ・クレヨンポップ。5人それぞれが自分のイメージカラーを持ち、戦隊ヒーロー物のような決めポーズや衣装の方向性は、ももクロの世界観そのものだと言われている。本人たちは全面否定しているものの、最近発表した楽曲が、今度は「ルパン三世」の丸パクリではないかと批判が巻き起こっている。聞いてみれば確かに、軽快なメロディで始まる前奏は「ルパン」そのものだ。

 そのパクリの連鎖はとどまることを知らず、ついにはきゃりーぱみゅぱみゅを模したアイドル・FATCATが日本デビューを果たした。原宿系のファッションが好きだというFATCATは、“韓国版きゃりーぱみゅぱみゅ”という触れ込みで登場し、きゃりーのような原宿系スタイルと、中毒性の高いリズミカルな楽曲が特徴。本国ではドラマ『野王』のオープニングに起用されるなど、そこそこの人気を誇っているというが……。

「韓国ではファッションリーダーとして活躍していますが、装いは完全にきゃりーを意識したもの。しかし、きゃりーほどの強烈な印象はなく“フォロワー”の域を出ていません。日本デビューの際には、スタッフを日本の青文字系カルチャー陣で固めたそうですが、そこにも“きゃりー化”狙いが見え見えですね。歌詞も、どこかで聞いたことのある『つけま』『ポンポン』いうワードが散りばめれてます(苦笑)。国内外問わず“カワイイ!”という声があるものの、原宿系&カワイイ系の本場で、あえて二番煎じのアーティストを支持する層があるのか疑問です」(音楽業界関係者)

 現在、K-POPの市場は数年前に比べると格段と狭くなってきている。それまでは雨後の筍状態で次から次へと日本デビューをしていたが、今、歌手として認知されているのは「BIGBANGと東方神起、そして少女時代とKARAぐらい」(芸能ライター)だという。

「CDは昔ほど売れず、固定ファンはいるものの、大きな会場でイベントをするとチケットが余り、定価割れする状況です。また、世の中は嫌韓ムード一色で『NHK紅白歌合戦』からもK-POP枠が消えました。それでも日本に進出しようとするアイドルは後を絶ちません」(前出・関係者)

 韓流アイドルが受け入れられない世の中だからこそ、日本に似たアイドルであれば浸透するという、K-POP業界の新しいマーケティング理論なのであろうか。

Twitterフォロワー数800人以下の衝撃……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「全然似てない」パクリK-POPアイドルの様にならない“きゃりーぱみゅぱみゅ”模倣のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! BIGBANG・FATCAT・K-POP・クレヨンポップのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  2. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  3. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  4. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  5. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  6. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  7. G・パルトローのサイトでセックス特集
  8. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  9. 綾瀬はるかはギャラ泥棒!?
  10. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評
  11. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  12. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  13. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  14. 少女が初めて異性に体を差し出す瞬間
  15. プウ美ねえさん流体重キープ術
  16. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  17. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  18. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  19. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  20. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  3. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  4. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  5. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評

カルチャーの人気記事

  1. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  2. バツ3でも幸せになる方法
  3. おばちゃんから「トイレ禁止」の嫌がらせ
  4. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. G・パルトローのサイトでセックス特集
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. エミネム、薬に替わる新たな中毒
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身