その他

V6・岡田准一がゼロ戦操縦士となり空を飛ぶ、『永遠の0』鑑賞券プレゼント

eiennozero.jpg
映画『永遠の0』公式サイトより

 12月21日公開の映画『永遠の0』。原作は、累計発行部数390万部を超える大ベストセラーということもあり、映画化に期待を寄せる人も多いかと思います。主演は、来年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主人公・黒田官兵衛を演じるなど、俳優としての活躍の場を広げ続ける、V6・岡田准一。今まで、天文暦学者、SP、図書隊隊員、さらには枚パー兄さんなど、さまざまな役を演じてきた岡田ですが、今回はどのような役柄に挑戦しているのでしょうか?

 太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は、米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、宮部久蔵(岡田准一)。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することのみに執着し、仲間から「臆病者」と蔑まれた男だった……。時は流れて、2004年。佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母の葬儀の日に、祖父と血がつながっていないという事実を知ることになる。本当の祖父の名は、宮部久蔵。終戦直前、特攻出撃により帰らぬ人となった祖父を調べるために、健太郎はかつての久蔵の戦友を訪ねることにした――。


 天才といわれながらも、臆病者と呼ばれたゼロ戦操縦士という難しい役を演じた岡田。完成報告会見では、「重い役であり、眠れない夜、考える日々があった」と語るなど、かなりのプレッシャーを感じていたようですが、原作者の百田尚樹氏が映画を見て大号泣したことを知り、岡田もホッと胸をなでおろしているかもしれませんね。

 今回は、『永遠の0』の鑑賞券を3名の方にプレゼント。岡田以外にも、ジャニーズからはKAT-TUNの上田竜也も出演。岡田演じる宮部の部下役として、映画初出演を遂げています。サイ女読者の皆さん、ぜひ奮ってご応募ください。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク