黒幕はとんでもないビッグネーム

TKOのコント、超大物脚本家・三谷幸喜が演出をしていた!?

tkodvd.jpg
『TKO 修行』/ジェネオン エンタテインメント

 『アッコにおまかせ!』(TBS系)準レギュラーなど、芸歴20年にしてようやくブレークを果たした木本武宏と木下隆行の“遅咲き”お笑いコンビTKO。そんな彼らが、主にコントを得意としているのは有名な話だが、実はとある“超有名人”から演出を受けているという。お笑いコンビと大物脚本家、この意外すぎる組み合わせの実態とは?

「TKOのコントは、基本的に2人でネタ作りを行っていますが、実はそれ意外にも“演出”を行っている人物がいます。といってもお笑いの先輩後輩といった同業者ではなく、完全に異業種の超大物。なんと脚本家の三谷幸喜だというんです」(芸能プロ関係者)

 三谷といえば『古畑任三郎』(フジテレビ系)や大河ドラマ『新撰組!』(NHK)などで知られる超有名脚本家であり、映画『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』などでは監督を務めるなど、芝居全般で活躍するマルチクリエーターだ。そんな三谷がいちコンビのコント演出を担当しているとは、なんとも贅沢な話である。

「もともと三谷がTKOのコントを見て感銘を受けたとコラムに書いたり、木下が『ステキな金縛り』に出演するなど、両者の親交は深かったんです。そして現在では、木本が三谷の自宅に通い、コント脚本のチェックからダメ出しまで、さまざまな演出・指導を受けているんだとか」(同)

 ほかのお笑いコンビからすれば羨ましすぎる好待遇だが、こんな悩みのタネもあるという。

「というのも、長ゼリフで有名な三谷演出だと、どうやっても尺をオーバーしてしまうそうです。木本は泣く泣くセリフを削る作業を行っているそうですが、なんとも贅沢な悩みですよね」(同)

 ちなみに木本が三谷家を訪れている際に、相方・木下はというと……。

「彼は三谷の演出にはノータッチのようで、木本が指導を受けている間は、グラビアアイドルを口説くことに精を出しているようですよ(笑)」(週刊誌記者)

 こうして、TKOだけのための三谷幸喜演出の極上のコントが日々誕生しているわけだが、自分たちだけでネタを作っているほかの芸人たちからすれば、少々納得いかない話かもしれない?

「やっぱTKOはレベル違うと思ってた」と語りだす男には要注意☆

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク