松本人志監督作品『R100』、最低評価の裏で大絶賛された、佐藤江梨子の○○

r100.jpg
映画『R100』公式サイトより

 10月5日から公開となった、ダウンタウン松本人志監督映画『R100』。1年間という期間限定でクラブ「ボンテージ」に入会してしまった有名家具店勤務の男・片山(大森南朋)が、謎の美女たちに誘われて、未知の世界を体験していくという異色のストーリーだ。

 トロント国際映画祭に出品され、地元紙が最低評価を下したことで話題になり、ネット上では「これはひどいww」「さすが天才芸人w」「逆に見たい」などと辛口な意見が飛び交ったが、唯一誰もが認める“見どころ”と言われているのが、出演する佐藤江梨子のボンテージ姿だという。

 佐藤の役柄は、大地真央、寺島しのぶ、冨永愛などが属する、クラブ「ボンテージ」の美女集団の1人。佐藤の大きく形の整ったFカップのバストや、引き締まったウエスト、細く長い足がボンテージによく映え、男性だけでなく、女性も感動ものの体だと大評判だ。ネットユーザーからは、「サトエリが芸能界で一番ボンテージが似合う」という声も上がるなど、佐藤目当てで映画を見にいくという人もいるようだ。

 佐藤は、今までもその類まれなる肉体美で注目を集めてきた。2006年、映画『キューティーハニー』に主演。ナイスバディなアニメキャラの代名詞ともいえるキューティーハニーを、実写化による見劣りなしに熱演した。さらに、07年、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』ではセミヌードを披露し、その堂々とした脱ぎっぷりとスタイルの良さが高い評価を得た。

 女優の劣化に目ざといネットユーザーからもその美貌を認められ、31歳を迎えてますますスタイルの良さに磨きをかけている佐藤。そんな彼女が、密かに開発段階から携わった置き換えダイエット商品があるのだという。

biena-m.jpg

 それは「ビエナ・ゼリーライブラリー」。フルーツ系の味5種類にヨーグルト味を加えた合計6種類からなる「ビエナ・ゼリーライブラリー」は、ゼリー液と牛乳を混ぜ合わせるだけの簡単な栄養機能食品なんだとか。1食分(2袋)で1日に必要な栄養の1/3が摂れ、カロリーはたったの約158kcal。普段佐藤は、これをおやつ代わりにすることで、カロリーコントロールをしているようだ。母親が管理栄養士をしており、子どもの頃から食事のバランスを気にかける習慣がついているという佐藤だからこその、スタイルキープ法かもしれない。

 『R100』で見せるボンテージ姿も、こういった努力の賜物だろうか。今後、佐藤のスタイルがどう進化していくのか、目が離せない。

・「ビエナ・ゼリーライブラリー

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク