サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

「『情熱大陸』出たい」「取材費数百万ほしい」林真理子の“野心”に出版社涙目?

mariko_yashin.jpg
『美女入門スペシャル 桃栗三年美女三十年』/マガジンハウス

 1982年発表の処女作『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(角川文庫)が大ヒット、以後、『美女入門』(マガジンハウス)などの女性向けエッセイや、『anego』(小学館)『下流の宴』(毎日新聞社)といった小説なども執筆している、人気作家・林真理子。最近では、自身の半生を振り返りながら、“野心”の重要性を説いたエッセイ『野心のすすめ』(講談社現代新書)がベストセラーとなり、大きな話題を呼んでいるが、関係者の間ではこんな悪評がささやかれているという。

「とにかく我が強い上にお金が大好きな人で、編集者ウケもすこぶる悪いんです。最近、『情熱大陸』(TBS系)に出演しましたが、それも番組側からのオファーではなかったとか。多数の作家が出演しているのを見て、林が『私も出たい!』と大騒ぎし、出版社に無理やり出演を取り付けてもらったと言われています。執筆活動にしても、確かにベストセラーを出していますが、売れるのはエッセイばかりで、近年の小説はほとんど初版部数をさばききれずにいます」(出版関係者)

 特に、出版業界ではその女帝ぶりを発揮しているという林だが、近年はこんな“勘違い発言”を連発し、これまた各出版社の担当編集者を困惑させているという。

「何を勘違いしてしまったのか、『沈まぬ太陽』(新潮社)などで知られる作家・山崎豊子に憧れているようで、『私も山崎さんみたいな小説を書きたい』と方々で話しているそうなんです。山崎さんは多額の取材費を使って作品を書く作家なんですが、彼女はそのほとんどをポケットマネーで賄っている。しかし林は、出版社に数百万単位の取材費を請求する上に、結局初版もさばけないという体たらく。その姿勢からして、山崎さんになれるわけがない。関係者の評判を落とすばかりですよ」(同)

 林の強すぎる“野心”は、編集者にとっては厄介なものでしかないのかもしれない。

マリコ担の皆さん、さらなるタレコミ待ってます☆

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  18. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー