女のためのセックス特集なのに、記号のような男たちのことば

【messyより】

momoco0815.jpg
Photo by //REBECCA from Flickr

 先週の当連載で、今年も『an・an』(マガジンハウス)セックス特集がドドンッと発売されるのを心待ちにしていた私。発売当日の朝は、夏だ、祭りだ! と、ワクワクしながらコンビニに直行しました。毎年、表紙&グラビアで誰が脱いだか、どんなトンデモ・テクが紹介されていたかなどなど、ひとしきり騒がれるので“祭り”というのにふさわしいのです。

 これまで「お掃除フェラ」「口内発射をされた後は、口から精液を垂らしてみせる」など、恋人同士の愛撫というよりは、風俗店で行われるサービスのようなご奉仕テクを提案してきた同誌。今年はどんな過激テクが紹介されているのかしら、と悪趣味な期待を抱いてページをめくったのですが……あれ? もう一度頭からパラパラと見直したのですが、やっぱり今年はテクニックページがほとんどない!

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク