多数のサプリ常用も

梨花、「息子のスクールに何度も電話」で危惧される、育児ノイローゼの可能性

rinka01.jpg
「恋愛体質」キャラだった頃の梨花

 自身がディレクションするショップの“ガーリー路線終了”宣言、深刻な抜け毛の告白など、少々気になるニュースが伝えられている梨花。2011年11月の出産後は露出を減らし、ショップ運営と育児に専念しているが、関係者の間ではこんな情報が出回っているという。

「どうも春頃から、育児と仕事の両立でノイローゼ気味になってしまっているようなんです。テレビなどの露出が減った現在、梨花本人の動向はブログを通じてしかわからず、テレビ局関係者の間でも、梨花を心配する声が上がっています」(芸能プロ関係者)

 確かにブログに書かれている内容は、特に近頃では、体調や精神面の不調を感じさせるものが多くなっている。

「抜け毛問題…深刻です…。そしてそのことから発覚した血液検査の結果の数値がもっと最悪で…、あらゆる数値が標準以下でした」「今朝もギャン泣きな息子君。私のTシャツは涙でビショビショ….。こんなにコーヒーの味がしないのは初めてです…」(原文ママ)

 またマスコミ関係者も、梨花の心配な近況を耳に挟んだという。

「梨花に近い関係者から、彼女が多数のサプリを常に服用しているという話があり、取材に動いたことがありました。また息子が通っているプリスクールに、様子を気にしてか1日に何度も電話を掛けることもあるらしいです。結局記事にはなりませんでしたが、周囲からは私生活を心配する声が絶えないようです」(週刊誌記者)

 一度は破局した男性と入籍し、難産の末に念願の出産を果たした梨花。それから約1年半の間に、またしても壁にぶつかってしまっていたようだ。

「少し前に、子どもの顔写真の掲載を止めると宣言していましたが、それもさまざまな葛藤があってのことでしょう。私生活の切り売りと揶揄されることもありますが、ママビジネスに挑むというのは、よほどの覚悟が必要なこと。ショップビジネスに関しても、周囲にやらされているわけではなく、梨花自らの意思で行っている事業だけに、プレッシャーを感じているはずです」(前出・芸能プロ関係者)

 なかなか子宝に恵まれなかった梨花は、定期的に神奈川県にある神社にお参りをしていたことも報じられていた。やっと出会えた愛息のためにも、休息を取り、周囲の人からの支えを得て、この苦難を乗り越えてほしいものだ。

Happyに執着しすぎな梨花の闇は深いかも……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー