[女性誌速攻レビュー]「リンネル」7月号

ライブに犬の散歩……「リンネル」推奨の浴衣シーンが謎すぎ!

linnere1307.jpg
「リンネル」2013年7月号(宝島社)

 夏が近づくこの時期、アイドル誌では「夏祭りデート、女の子にはどんなファッションで来てほしい?」といったような質問がよく出てきます。で、ジャニーズアイドルたちが「やっぱり浴衣。ドキッとしちゃうね」と回答。だいたい9割がた「浴衣が好き」と言います。これって本当? リアルな若い男の子に調査する術がなく、サンプルがジャニタレしかなくてスミマセン。女の子の本音としては、浴衣を着るって面倒だし、歩きづらいし、着崩れるとみっともないし、何よりデートしてあれやこれやして脱いでコトが終わった後どうするんだろう、と思いますよね。また自分でヨレヨレの浴衣を着直すんでしょうか。それとも着替えを持っていくの? 気になります。そんなことを考えたのは、「リンネル」(宝島社)7月号で、浴衣の特集が組まれていたからです。

<トピック>
◎心地よさで選ぶ、初夏のおしゃれ
◎さらり、肌なじみのいい大人浴衣
◎連載 濱田マサルさんのナチュラル美容道

和風エロスで攻めてます

 「リンネル」で通常紹介されるナチュラルテイストのゆるふわファッションは露出度もボディコン度も低く、セックスアピールに乏しいものばかり。男性の影が感じられません。どちらかというと、女子同士でピクニックしたりホームパーティをしたりする時に似合いそうな服ばかりです。しかし、今月号の「この夏は和装でお出かけ さらり、肌なじみのいい大人浴衣」という浴衣紹介の企画では、ねっとりとした湿っぽい男の匂いを感じました。というのも、それぞれの浴衣に対して、「こんなシーンが似合います」という説明が添えられているのですが、それが妄想を掻き立てるものばかりだったからです!

 たとえば「絞り」が似合うシーンは、「ビアガーデン、ボサノバライブ」と書かれています。おかしくないですか? 女子同士でビアガーデンに行くとしたら、通常ガブ飲み目的です。わざわざ帯でおなかを締めて行くわけがありません。ボサノバライブに浴衣って意味わかんねーし! どう考えてもエロ目的に違いありません。ビアガーデンはおじさんっぽいし、ボサノバというのもカルチャーおじさんっぽい。これは、おそらく上司狙い、もしかしたら不倫かも!

「モテとか気にしません」女のストーカー率の高さは注目ですよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク