その他
【ジャニーズ研究会レポート】

アイドルの鑑・Sexy Zone中島健人、「抱いて」うちわにどう応える?

jnakajima04.jpg

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「POTATO」5月号(学研パブリッシング)の表紙はKis-My-Ft2。インタビューページでは、「アイドルってなんですか?」という深~いテーマについてメンバーそれぞれが答えています。自分のことを特にアイドルだとは意識していないという玉森裕太は、「今はアイドルだってなんでもできなきゃいけない時代だし、いろいろなことに応えられる、マルチでいられる人を目指したい。『あれはイヤだ』っていうのも特にないんだ」と、“1カ月1万円玉ねぎ生活”を思い起こさせるようなコメントをしていました(その前のページで、シングル「キ・ス・ウ・マ・イ~KISS YOUR MIND~」にちなんで「オレ玉ねぎ切るのウマイ」と語っていました)。

 藤ヶ谷太輔は、「アイドルだからハードルが下がることもあれば、上がることもあって…。アイドルっていう4文字が強みでもあるし、弱みでもある。そこに甘えることなくやっていきたい」、北山宏光は、自分について「アイドルという仕事をしてる、普通の人間だと理解するようにしてる。そうしないと、ただのワガママな人になってしまうような気がするから。どんな環境に置かれても絶対におごらずに、これからもそういう普通の感覚だけは、ずっと持ち続けたいと思ってるよ」と、それぞれアイドルという職業についての思うところを明かしていました。

 興味深かったのが、Kis-My-Ft2から見て「アイドルだなあ」と思う存在について、Sexy Zoneの名前が多く挙っていたこと。藤ヶ谷「マリウス(葉)のほうが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク