その他
【ジャニーズ研究会レポート】

アイドルの鑑・Sexy Zone中島健人、「抱いて」うちわにどう応える?

jnakajima04.jpg

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「POTATO」5月号(学研パブリッシング)の表紙はKis-My-Ft2。インタビューページでは、「アイドルってなんですか?」という深~いテーマについてメンバーそれぞれが答えています。自分のことを特にアイドルだとは意識していないという玉森裕太は、「今はアイドルだってなんでもできなきゃいけない時代だし、いろいろなことに応えられる、マルチでいられる人を目指したい。『あれはイヤだ』っていうのも特にないんだ」と、“1カ月1万円玉ねぎ生活”を思い起こさせるようなコメントをしていました(その前のページで、シングル「キ・ス・ウ・マ・イ~KISS YOUR MIND~」にちなんで「オレ玉ねぎ切るのウマイ」と語っていました)。

 藤ヶ谷太輔は、「アイドルだからハードルが下がることもあれば、上がることもあって…。アイドルっていう4文字が強みでもあるし、弱みでもある。そこに甘えることなくやっていきたい」、北山宏光は、自分について「アイドルという仕事をしてる、普通の人間だと理解するようにしてる。そうしないと、ただのワガママな人になってしまうような気がするから。どんな環境に置かれても絶対におごらずに、これからもそういう普通の感覚だけは、ずっと持ち続けたいと思ってるよ」と、それぞれアイドルという職業についての思うところを明かしていました。

 興味深かったのが、Kis-My-Ft2から見て「アイドルだなあ」と思う存在について、Sexy Zoneの名前が多く挙っていたこと。藤ヶ谷「マリウス(葉)のほうが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!